Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:php(MDVSA-2015:032)

high Nessus プラグイン ID 81198
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

php に複数の脆弱性が発見されましたが、修正されました:

5.4.36 までの PHP、5.5.20 までの PHP 5.5.x、および 5.6.4 までの PHP 5.6.x において、CGI コンポーネントの sapi/cgi/cgi_main.c は、mmap を使用して .php ファイルを読み取る際に、# 文字で始まり改行文字のない無効なファイルを処理する過程で、マッピングの長さを適切に考慮しません。これにより、領域外の読み取りが引き起こされるため、リモートの攻撃者が、(1)php ファイルをアップロードする機能を利用することにより php-cgi プロセスメモリから機密情報を入手したり、(2)マッピングに隣接した記憶場所に有効な PHP スクリプトが存在する場合に予期しないコードの実行を発生させたりする可能性があります(CVE-2014-9427)。

5.4.37 より前の PHP、5.5.21 より前の PHP 5.5.x、および 5.6.5 より前の PHP 5.6.x において、 ext/standard/var_unserializer.re の process_nested_data 関数の use-after-free の脆弱性により、攻撃者が、細工されたシリアル化されていない呼び出しで任意のコードを実行する可能性があります。これにより、オブジェクトのシリアル化されたプロパティで、重複する数値キーが不適切に処理されます。注:この脆弱性は、CVE-2014-8142 に対する修正が不完全なために存在します(CVE-2015-0231)。

5.4.37 より前の PHP、5.5.21 より前の PHP 5.5.x、および 5.6.5 より前の PHP 5.6.x において、 ext/exif/exif.c の exif_process_unicode 関数により、リモートの攻撃者が、任意のコードを実行したり、JPEG 画像の細工された EXIF データでサービス拒否(初期化されていないポインターの解放とアプリケーションクラッシュ)を引き起こしたりする可能性があります(CVE-2015-0232)。

更新した php パッケージは、これらの問題に対して脆弱性のない 5.5.21 バージョンにアップグレードされています。

また、timezonedb パッケージは最新の 2015.1 バージョンに、php-suhosin パッケージは最新の 0.9.37.1 バージョンにアップグレードされており、so(共有オブジェクト)が必須の PECL パッケージは、php-5.5.21 向けにリビルドされています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://php.net/ChangeLog-5.php#5.5.21

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 81198

ファイル名: mandriva_MDVSA-2015-032.nasl

バージョン: 1.17

タイプ: local

公開日: 2015/2/6

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:apache-mod_php, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64php5_common5, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-apc, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-apc-admin, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-bcmath, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-bz2, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-calendar, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-cgi, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-cli, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ctype, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-curl, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-dba, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-doc, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-dom, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-enchant, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-exif, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-fileinfo, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-filter, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-fpm, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ftp, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-gd, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-gettext, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-gmp, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-hash, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-iconv, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-imap, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ini, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-intl, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-json, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ldap, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-mbstring, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-mcrypt, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-mssql, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-mysql, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-mysqli, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-mysqlnd, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-odbc, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-opcache, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-openssl, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-pcntl, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-pdo, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-pdo_dblib, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-pdo_mysql, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-pdo_odbc, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-pdo_pgsql, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-pdo_sqlite, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-pgsql, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-phar, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-posix, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-readline, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-recode, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-session, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-shmop, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-snmp, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-soap, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-sockets, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-sqlite3, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-suhosin, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-sybase_ct, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-sysvmsg, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-sysvsem, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-sysvshm, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-tidy, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-timezonedb, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-tokenizer, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-wddx, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-xml, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-xmlreader, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-xmlrpc, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-xmlwriter, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-xsl, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-zip, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-zlib, cpe:/o:mandriva:business_server:1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/2/5

参照情報

CVE: CVE-2014-9427, CVE-2015-0231, CVE-2015-0232

BID: 71833

MDVSA: 2015:032