1.2.3.1 より前の MatrikonOPC Server for DNP3 メッセージ処理のリモート DoS

medium Nessus プラグイン ID 81249

概要

DNP3 向けのリモート OPC サーバーは、リモートのサービス拒否の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモート MatrikonOPC Server for DNP3 は、1.2.3.1 より前のバージョンです。このため、C++ 例外を処理できないため、リモートのサービス拒否の脆弱性の影響を受けます。リモートの攻撃者が、特別に細工されたメッセージを使用して、OPC サーバーを終了させ、サーバーが再起動するまで通信を停止させる可能性があります。

ソリューション

バージョン 1.2.3.1 以降へのアップグレードがベンダーによって推奨されています。

参考資料

https://ics-cert.us-cert.gov/advisories/ICSA-14-329-01

http://www.nessus.org/u?e6e70e83

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 81249

ファイル名: scada_matrikonopc_dnp3_server_dos.nbin

バージョン: 1.99

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: SCADA

公開日: 2015/2/9

更新日: 2024/5/20

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 1.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 5

現状値: 3.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2014-5426

CVSS v3

リスクファクター: Medium

基本値: 5.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:L

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:matrikonopc:dnp3_opc_server

必要な KB アイテム: installed_sw/MatrikonOPC Server for SCADA DNP3

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/10/14

脆弱性公開日: 2013/6/24

参照情報

CVE: CVE-2014-5426

BID: 71296

ICSA: 14-329-01