MS15-015:Microsoft Windows の権限昇格可能な脆弱性(3031432)

high Nessus プラグイン ID 81268

概要

リモート Windows ホストは、権限昇格の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートの Windows ホストは、呼び出し元のプロセスが SeAssignPrimaryTokenPrivilege を使用する際、呼び出し元のなりすましトークン認証が不適切に検証されるため、権限昇格の脆弱性に影響を受けます。ローカルの攻撃者が、特別に細工されたプログラムを利用して承認チェックをバイパスし、権限昇格を引き起こす可能性があります。

ソリューション

Microsoft は、Windows 7、2008 R2、8、 2012、8.1 および 2012 R2 用パッチのセットをリリースしました。

関連情報

https://docs.microsoft.com/en-us/security-updates/SecurityBulletins/2015/ms15-015

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 81268

ファイル名: smb_nt_ms15-015.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2015/2/10

更新日: 2019/11/25

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/2/10

脆弱性公開日: 2015/2/10

参照情報

CVE: CVE-2015-0062

BID: 72458

MSFT: MS15-015

MSKB: 3031432

IAVA: 2015-A-0035