openSUSE セキュリティ更新:curl(openSUSE-2015-125)

medium Nessus プラグイン ID 81287

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

が、2 つのセキュリティの問題を修正するためにバージョン 7.40.0 に更新されました。

これらのセキュリティの問題が修正されました:

- CVE-2014-8150:libcurl 7.40.0 より前の 6.0 から 7.x の CRLF インジェクションの脆弱性により、URL の CRLF シーケンスを介して HTTP プロキシ使用時にリモートの攻撃者が、任意の HTTP ヘッダーを注入したり、HTTP レスポンス分割攻撃を実行したりする可能性があります(bnc#911363)。

- CVE-2014-3707:libcurl 7.17.1 から 7.38.0 の curl_easy_duphandle 関数で、CURLOPT_COPYPOSTFIELDS オプションを使って実行している時、簡単な処理の HTTP POST データが適切にコピーされません。このためリモート Web サーバーに機密メモリ情報を読み取らせる領域外読み取りを引き起こす可能性があります(bnc#901924)。

以下のセキュリティ以外の問題が、修正されました。

- http_digest:Windows SSPI ベースの認証サポートを追加

- バージョン情報:サポート機能に Kerberos V5 を追加しました。

- Makefile:WinIDN 用 VC ターゲットを追加しました。

- SSL:公開鍵ピンニング用 PEM 書式サポートを追加しました。

- smtp:メール送信中の Unix 改行の変換サポートを追加しました。

- smb:SMB/CIFS プロトコル用の初期化サポートを追加しました。

- Unix ドメインソケット上の HTTP サポートを追加しました。

- CURLOPT_UNIX_SOCKET_PATH と --unix-socket を介して

- sasl:GSS-API ベースの Kerberos V5 認証のサポートを追加しました。

ソリューション

影響を受ける curl パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=901924

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=911363

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 81287

ファイル名: openSUSE-2015-125.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/2/11

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:curl, p-cpe:/a:novell:opensuse:curl-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:curl-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:libcurl-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:libcurl4, p-cpe:/a:novell:opensuse:libcurl4-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libcurl4-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libcurl4-debuginfo-32bit, cpe:/o:novell:opensuse:13.1, cpe:/o:novell:opensuse:13.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2015/2/3

参照情報

CVE: CVE-2014-3707, CVE-2014-8150