Siemens SIMATIC TIA Portal < 1300.6.201.1 のリモートコードの実行

critical Nessus プラグイン ID 81299

概要

リモートホストは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストに、バージョン 13 update 6 より前の Siemens SIMATIC TIA Portal のバージョンがインストールされています。このため、WinCC コンポーネントの詳細不明の欠陥の影響を受けます。これにより、認証されていないリモートの攻撃者が、特別に細工されたパケットを WinCC サーバーに送信することで、任意のコードを実行したり、任意のファイルを抽出する可能性があります。

ソリューション

Siemens SIMATIC TIA Portal バージョン 13 update 6 以降へのアップグレードがベンダーによって推奨されています。

参考資料

http://www.nessus.org/u?5f1f16df

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 81299

ファイル名: scada_siemens_tia_wincc_rce.nbin

バージョン: 1.104

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: SCADA

公開日: 2015/2/11

更新日: 2024/5/20

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

現状値: 7.4

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-8551

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.8

現状値: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:siemens:simatic_tiaportal

必要な KB アイテム: installed_sw/Siemens Totally Integrated Automation Portal

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/11/21

脆弱性公開日: 2014/11/21

参照情報

CVE: CVE-2014-8551, CVE-2014-8552

ICSA: 14-329-02C