openSUSE セキュリティ更新:tcpdump(openSUSE-2015-146)

medium Nessus プラグイン ID 81371

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

tcpdump が更新され、3 つのセキュリティの問題が修正されました。

これらのセキュリティの問題が修正されました:

- CVE-2014-8767:verbose モードの時に tcpdump 3.9.6 から 4.6.2 の olsr_print 関数に整数アンダーフローが存在するため、リモートの攻撃者が OLSR フレームの細工された長さ値を介して、サービス拒否(クラッシュ)を引き起こす可能性があります(bnc#905870 905871)。

- CVE-2014-8769:tcpdump 3.8 から 4.6.2 では、リモートの攻撃者が細工された Ad hoc On-Demand Distance Vector(AODV)パケットを介して、メモリから機密情報を取得したりサービス拒否(パケット損失とセグメンテーション違反)を引き起こして、領域外メモリアクセスを発生させる可能性があります(bnc#905871 905872)。

- CVE-2014-8768:verbose モードの時に tcpdump 4.5.0 から 4.6.2 の geonet_print 関数に複数の整数アンダーフローが存在するため、リモートの攻撃者が Geonet フレームの細工された長さ値を介して、サービス拒否(セグメンテーション違反とクラッシュ)を引き起こす可能性があります(bnc#905871)。

ソリューション

影響を受ける tcpdump パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=905870

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=905871

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=905872

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 81371

ファイル名: openSUSE-2015-146.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/2/16

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:tcpdump, p-cpe:/a:novell:opensuse:tcpdump-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:tcpdump-debugsource, cpe:/o:novell:opensuse:13.1, cpe:/o:novell:opensuse:13.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2015/2/6

参照情報

CVE: CVE-2014-8767, CVE-2014-8768, CVE-2014-8769