Cisco Unified Communications Manager リモートのバッファオーバーフロー(CSCus66650)(GHOST)

critical Nessus プラグイン ID 81546

概要

リモートのデバイスは、バッファオーバーフローの脆弱性による影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョンによると、リモートの Cisco Unified Communications Manager(CUCM)デバイスは、GNU C ライブラリ(glibc)でのヒープベースのバッファオーバーフローの影響を受けます。これは glibc 関数、
__nss_hostname_digits_dots()、gethostbyname()、および gethostbyname2() におけるユーザーによる入力が適切に検証されないことが原因です。
これにより、リモートの攻撃者はバッファオーバーフローを起こし、サービス拒否状態または任意のコードの実行を引き起こすことができます。

ソリューション

Cisco バグアドバイザリで参照されている関連するパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?fd2144f8

http://www.nessus.org/u?c7a6ddbd

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 81546

ファイル名: cisco_cucm_CSCus66650-GHOST.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: combined

ファミリー: CISCO

公開日: 2015/2/26

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2015-0235

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:cisco:unified_communications_manager

必要な KB アイテム: Host/Cisco/CUCM/Version, Host/Cisco/CUCM/Version_Display

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/2/24

脆弱性公開日: 2015/1/12

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (Exim GHOST (glibc gethostbyname) Buffer Overflow)

参照情報

CVE: CVE-2015-0235

BID: 72325

CISCO-BUG-ID: CSCus66650

CERT: 967332