Ubuntu 12.04 LTS:linux 脆弱性(USN-2513-1)

medium Nessus プラグイン ID 81567

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連パッチがありません。

説明

ゲスト OS が SYSENTER MSR を初期化しない場合、 SYSTENTER 命令のカーネル仮想マシン(KVM)エミュレーションに欠陥が見つかりました。ゲスト OS ユーザーがこの欠陥を悪用して、ゲスト OS のサービス拒否(クラッシュ)を引き起こしたり、ゲスト OS 上で権限を取得する可能性があります。(CVE-2015-0239)

Linux カーネルの暗号サブシステムでモジュールを自動的に読み込む過程に、欠陥があることが発見されました。ローカルユーザーがこの欠陥を悪用して、インストール済みのカーネルモジュールをロードして攻撃対象領域を増大させ、これを利用して管理者権限を取得する可能性があります。
(CVE-2013-7421)

Andy Lutomirski 氏は、Linux カーネルが、chroot ディレクトリで使用されたときの pivot_root を処理する方法で欠陥があることを発見しました。ローカルユーザーがこの欠陥を悪用して、サービス拒否(mount-tree ループ)を引き起こす可能性があります。
(CVE-2014-7970)

conntrack ルールが指定され、conntrack プロトコルハンドラーモジュールが Linux カーネルにロードされていない場合、iptables で制限バイパスが発見されました。この欠陥により、conntrack ルールを使用する場合に、システムのファイアウォールルールがバイパスされる可能性があります。(CVE-2014-8160)

Linux カーネルのキーリングに競合状態が見つかりました。ローカルユーザーが keyctl コマンドを通じて、サービス拒否(メモリ破損またはパニック)を引き起こしたり、特定されていない影響を与える可能性があります。
(CVE-2014-9529)

ロックリッジ ER レコードを解析する場合、ISO 9660 CDROM ファイルシステムにメモリリークが発見されました。ローカルユーザーがこの欠陥を悪用して、細工された iso9660 画像を通じてカーネルメモリから機密情報を入手する可能性があります。(CVE-2014-9584)

仮想動的リンク共有オブジェクト(vDSO)ロケーションのアドレス空間配置のランダム化(ASLR)に、欠陥が発見されました。この欠陥により、ローカルユーザーは ASLR 保護メカニズムを容易にバイパスできます。(CVE-2014-9585)

名前に vfat(aes) などの有効な暗号モジュール名が含まれる場合、モジュールの自動ロードに対するモジュール名のスクリーニングを行う際、暗号サブシステムに欠陥が見つかりました。ローカルユーザーがこの欠陥を悪用して、インストール済みのカーネルモジュールをロードして攻撃対象領域を増大させ、これを利用して管理者権限を取得する可能性があります。
(CVE-2014-9644)。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/2513-1/

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 81567

ファイル名: ubuntu_USN-2513-1.nasl

バージョン: 1.19

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/2/27

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

Temporal Score: 5.1

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.2-generic, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.2-generic-pae, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.2-highbank, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.2-virtual, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.04:-:lts

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/2/26

脆弱性公開日: 2014/10/13

参照情報

CVE: CVE-2013-7421, CVE-2014-7970, CVE-2014-8160, CVE-2014-9529, CVE-2014-9584, CVE-2014-9585, CVE-2014-9644, CVE-2015-0239

BID: 70319, 71880, 71883, 71990, 72061, 72320, 72322

USN: 2513-1