RHEL 7: kernel(RHSA-2015: 0290)

high Nessus プラグイン ID 81626

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

複数のセキュリティの問題を修正し、数百のバグに対処し、多くの拡張機能を追加する更新済みのカーネルパッケージが、 Red Hat Enterprise Linuxバージョン7の継続サポートおよびメンテナンスの一部として現在利用可能です。これは最初の定期更新です。

Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度の評価を提供するCommon Vulnerability Scoring System(CVSS)のベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに確認できます。

kernelパッケージにはLinuxオペレーティングシステムのコアであるLinuxカーネルが含まれています。

* Linux カーネルの XFS ファイルシステムが、特定の状況でリモート属性の置き換えを処理する方法に、欠陥が見つかりました。XFSファイルシステムマウントにアクセスできるローカルユーザーが、この欠陥を利用して、システム上で権限を昇格する可能性があります。(CVE-2015-0274、重要度高)

Linux カーネルの KVM 実装で、ホスト CR4 コントロールレジスタの値が、同じ仮想 CPU の VM エントリ間で変化しないことが確約できないことが判明しました。ローカルの権限のないユーザーがこの欠陥を利用して、システム上でサービス拒否を引き起こす可能性があります。
(CVE-2014-3690、重要度中)

* Linux カーネルの Transparent Huge Page(THP)実装が非 huge page 移行を処理していた方法で、欠陥が見つかりました。ローカルの権限のないユーザーはこの欠陥を利用して、透過的なHugePageを移行することでカーネルをクラッシュさせることができます。(CVE-2014-3940、重要度中)

* Linux カーネルの perf サブシステムの syscall トレース機能に、領域外メモリアクセスの欠陥が見つかりました。ローカルの権限のないユーザーがこの欠陥を悪用して、システムをクラッシュさせる可能性があります。
(CVE-2014-7825、重要度中)

* Linux カーネルの ftrace サブシステムの syscall トレース機能に、領域外メモリアクセスの欠陥が見つかりました。ftrace syscall トレースが有効なシステムで、ローカルの権限のないユーザーがこの欠陥を利用して、システムをクラッシュさせたり、権限を昇格する可能性があります。
(CVE-2014-7826、重要度中)

* Linuxカーネルのext4ファイルシステムの実装に、競合状態の欠陥が見つかりました。このため、ローカルの権限のないユーザーは、ファイルへの書き込みとそのファイル上でfcntl(F_SETFL) を使用するO_DIRECTフラグのトグルを同時に行うことで、システムをクラッシュさせることができます。(CVE-2014-8086、重要度中)

* Linux カーネルの netfilter サブシステムが汎用プロトコル追跡を処理する方法に、欠陥が見つかりました。ストリーム制御転送プロトコル(SCTP)のケースで示されているように、関連する接続追跡モジュールがシステムにロードされていない場合、リモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、意図した iptables ルール制限をバイパスする可能性があります。
(CVE-2014-8160、重要度中)

* 過剰な files_lock ロッキングにより、Linux カーネル上で非同期 I/O 操作を実行する場合、ソフトロックアップが引き起こされる可能性があることが判明しました。権限のないローカルのユーザーがこの欠陥を利用して、システムをクラッシュさせる可能性があります(CVE-2014-8172、重要度中)。

* Linux カーネルの madvise MADV_WILLNEED 機能がページテーブルロッキングを処理する方法に、NULL ポインターデリファレンスの欠陥が見つかりました。権限のないローカルのユーザーがこの欠陥を利用して、システムをクラッシュさせる可能性があります(CVE-2014-8173、重要度中)。

* Linux カーネルの IEEE 802.11 ワイヤレスネットワークの実装に、情報漏洩の欠陥が見つかりました。ソフトウェア暗号化を使用する場合、リモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、平文の最大8バイトを漏洩させる可能性があります。(CVE-2014-8709、重要度低)

* TechnoTrend/Hauppauge DEC USB デバイスドライバーに、スタックベースのバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。対応するデバイスに書き込みアクセス権があるローカルユーザーが、この欠陥を利用して、カーネルをクラッシュさせたり、システム上で権限を昇格したりする可能性があります。
(CVE-2014-8884、重要度低)

Red Hatは、DockerプロジェクトのEric Windisch氏がCVE-2015-0274、Andy Lutomirski氏がCVE-2014-3690、そして Robert Swiecki氏がCVE-2014-7825とCVE-2014-7826を報告してくれたことに感謝の意を表します。

この更新では、数百のバグ修正と多数の拡張機能も追加されます。これらの変更の中で最も重要なものに関する情報については、Red Hat Enterprise Linux 7.1 リリースノートを参照してください。また詳細については以下の Knowledge Base の記事を参照してください:
https://access.redhat.com/articles/1352803

Red Hat Enterprise Linux 7の全ユーザーは、これらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正し、拡張機能を追加する必要があります。この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/articles/1352803

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2015:0290

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-3940

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-7826

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-7825

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-8160

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-3690

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-8709

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-8086

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-8884

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-8172

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0274

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-8173

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 81626

ファイル名: redhat-RHSA-2015-0290.nasl

バージョン: 1.24

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/3/5

更新日: 2021/2/5

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-s390x, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-tools, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-tools-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-tools-libs-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.3, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.4, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.5, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.6, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/3/5

脆弱性公開日: 2014/6/5

参照情報

CVE: CVE-2014-3690, CVE-2014-3940, CVE-2014-7825, CVE-2014-7826, CVE-2014-8086, CVE-2014-8160, CVE-2014-8172, CVE-2014-8173, CVE-2014-8709, CVE-2014-8884, CVE-2015-0274

BID: 73156

RHSA: 2015:0290