openSUSE セキュリティ更新:chromium(openSUSE-2015-204)

high Nessus プラグイン ID 81692

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

chromium は、31 件の脆弱性を修正するために、バージョン 40.0.2214.111 に更新されました。

これらのセキュリティの問題が修正されました:

- CVE-2015-1209:DOM での use-after-free(bnc#916841)。

- CVE-2015-1210:V8 バインディングでのクロスオリジンバイパス(bnc#916843)。

- CVE-2015-1211:サービスワーカーを使用した権限昇格(bnc#916838)。

- CVE-2015-1212:内部監査やファジーテストなどのイニシアチブからのさまざまな修正(bnc#916840)。

- CVE-2014-7923:ICU でのメモリ破損(bnc#914468)。

- CVE-2014-7924:IndexedDB での use-after-free(bnc#914468)。

- CVE-2014-7925:WebAudio での use-after-free(bnc#914468)。

- CVE-2014-7926:ICU でのメモリ破損(bnc#914468)。

- CVE-2014-7927:V8 でのメモリ破損(bnc#914468)。

- CVE-2014-7928:V8 でのメモリ破損(bnc#914468)。

- CVE-2014-7930:DOM での use-after-free(bnc#914468)。

- CVE-2014-7931:V8 でのメモリ破損(bnc#914468)。

- CVE-2014-7929:DOM での use-after-free(bnc#914468)。

- CVE-2014-7932:DOM での use-after-free(bnc#914468)。

- CVE-2014-7933:FFmpeg での use-after-free(bnc#914468)。

- CVE-2014-7934:DOM での use-after-free(bnc#914468)。

- CVE-2014-7935:Speech での use-after-free(bnc#914468)。

- CVE-2014-7936:Views での use-after-free(bnc#914468)。

- CVE-2014-7937:FFmpeg での use-after-free(bnc#914468)。

- CVE-2014-7938:フォントでのメモリ破損(bnc#914468)。

- CVE-2014-7939:V8 での同一生成元バイパス(bnc#914468)。

- CVE-2014-7940:ICU での初期化されていない値(bnc#914468)。

- CVE-2014-7941:UI での領域外の読み取り(bnc#914468)。

- CVE-2014-7942:フォントでの初期化されていない値(bnc#914468)。

- CVE-2014-7943:Skia における領域外読み取り

- CVE-2014-7944:PDFium における領域外読み取り

- CVE-2014-7945:PDFium における領域外読み取り

- CVE-2014-7946:フォントでの領域外の読み取り

- CVE-2014-7947:PDFium における領域外読み取り

- CVE-2014-7948:AppCache でのキャッシュエラー

- CVE-2015-1205:内部監査、ファジング、その他のイニシアチブからの様々な修正

以下のセキュリティ以外の問題が、修正されました。

- chromium-browser.sh スクリプトで「echo」コマンドを使用して修正します

ソリューション

影響を受ける Chromium パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=914468

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=916838

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=916840

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=916841

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=916843

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 81692

ファイル名: openSUSE-2015-204.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/3/9

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:chromedriver, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromedriver-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-desktop-gnome, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-desktop-kde, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-ffmpegsumo, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-ffmpegsumo-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:13.1, cpe:/o:novell:opensuse:13.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2015/3/4

参照情報

CVE: CVE-2014-7923, CVE-2014-7924, CVE-2014-7925, CVE-2014-7926, CVE-2014-7927, CVE-2014-7928, CVE-2014-7929, CVE-2014-7930, CVE-2014-7931, CVE-2014-7932, CVE-2014-7933, CVE-2014-7934, CVE-2014-7935, CVE-2014-7936, CVE-2014-7937, CVE-2014-7938, CVE-2014-7939, CVE-2014-7940, CVE-2014-7941, CVE-2014-7942, CVE-2014-7943, CVE-2014-7944, CVE-2014-7945, CVE-2014-7946, CVE-2014-7947, CVE-2014-7948, CVE-2015-1205, CVE-2015-1209, CVE-2015-1210, CVE-2015-1211, CVE-2015-1212