MS15-026:Microsoft Exchange Server の権限昇格可能な脆弱性(3040856)

medium Nessus プラグイン ID 81740
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Microsoft Exchange サーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートの Microsoft Exchange サーバーにセキュリティ更新がありません。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます:

- Outlook Web App のページコンテンツのサニタイズが不適切なため、複数のクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在します。攻撃者がこれらの脆弱性を悪用して、Outlook Web App のプロパティを変更し、ユーザーにターゲットの Outlook Web App サイトをブラウズさせて、現在のユーザーのコンテキストで任意のスクリプトコードを実行する可能性があります。(CVE-2015-1628、CVE-2015-1629、CVE-2015-1630、 CVE-2015-1632)

- 会議出席依頼に応じるか変更する際に、会議主催者の不適切な ID 検証により、スプーフィングの脆弱性が存在します。リモートの攻撃者がこの問題を悪用して、正当な主催者が送信元だと見せかけた偽装の会議出席依頼を送信する可能性があります。(CVE-2015-1631)

ソリューション

Microsoft は、Exchange 2013 用の一連のパッチをリリースしています。

関連情報

https://docs.microsoft.com/en-us/security-updates/SecurityBulletins/2015/ms15-026

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 81740

ファイル名: smb_nt_ms15-026.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2015/3/10

更新日: 2019/11/22

依存関係: ms_bulletin_checks_possible.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2015-1631

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:exchange_server

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/3/10

脆弱性公開日: 2015/3/10

参照情報

CVE: CVE-2015-1628, CVE-2015-1629, CVE-2015-1630, CVE-2015-1631, CVE-2015-1632

BID: 72883, 72887, 72888, 72890, 72895

MSFT: MS15-026

MSKB: 3040856