Oracle Linux 5/6:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2015-3014)

high Nessus プラグイン ID 81872
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 5.9

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

変更点の説明:

[2.6.39-400.248.3.el6uek]
- kvm:kvm_iommu_map エラーパスの過剰なページのピン解除を修正します。(Quentin Casasnovas)[Orabug:20687314] {CVE-2014-3601} {CVE-2014-8369} {CVE-2014-3601}
- 「mm: madvise(MADV_WILLNEED)サポートのNULLポインターデリファレンスを修正」を元に戻す(Guangyu Sun氏)[Orabug: 20673281] {CVE-2014-8173}

[2.6.39-400.248.2.el6uek]
- netfilter:conntrack:既知のプロトコルに対する汎用追跡を無効にします(Florian Westphal 氏)[Orabug: 20679630] {CVE-2014-8160}
- mac80211: とりわけ暗号化用の断片化コードを修正します(Johannes Berg)[Orabug:20673313] {CVE-2014-8709}
- mm:madvise(MADV_WILLNEED)サポートの NULL ポインターデリファレンスを修正(Kirill A. Shutemov)[Orabug:20673282] {CVE-2014-8173}
- tracing/syscalls:NR_syscalls の範囲外の数を無視します(Rabin Vincent)[Orabug:20673164] {CVE-2014-7825} {CVE-2014-7826}
- tracing/syscalls:syscall_nr == -1 である場合の perf syscall トレスを修正 Deacon)[Orabug:20673164] {CVE-2014-7825} {CVE-2014-7826}

[2.6.39-400.248.1.el6uek]
- NVMe:キューのクリア前にpciを無効化(Keith Busch氏)[Orabug: 20533100] - x86, fpu: デフォルトでeagerfpuを無効化(Santosh Shilimkar氏)[Orabug: 20521543]

ソリューション

影響を受けるUnbreakable Enterprise Kernelパッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2015-March/004894.html

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2015-March/004895.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 81872

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2015-3014.nasl

バージョン: 1.13

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/3/17

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 5.9

CVSS v2.0

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 7.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:linux:5, cpe:/o:oracle:linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/3/13

脆弱性公開日: 2014/9/1

参照情報

CVE: CVE-2014-3601, CVE-2014-7825, CVE-2014-7826, CVE-2014-8160, CVE-2014-8173, CVE-2014-8369, CVE-2014-8709

BID: 69489, 70747, 70749, 70965, 70971, 70972, 72061