RHEL 6:カーネル(RHSA-2015:0695)

medium Nessus プラグイン ID 81906

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティ問題と 2 つのバグを修正する更新済みのカーネルパッケージが、Red Hat Enterprise Linux 6.2 Advanced Update Support で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高として評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

カーネルパッケージには Linux オペレーティングシステムのコアである Linux カーネルが含まれています。

* Linux カーネルの SCTP の実装が、 Address Configuration Change(ASCONF)を実行する際での INIT チャンクを検証する方法で、欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、特別に細工された SCTP パケットを送信し、システムで NULL ポインターデリファレンスをトリガーすることにより、システムをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2014-7841、重要度高)

* Linux カーネルの Infiniband サブシステムが、(u)verbs API を介してメモリ領域をユーザー空間から登録する際に、その入力パラメータを適切にサニタイズしないことが発見されています。/dev/infiniband/uverbsX デバイスにアクセスできるローカルユーザーが、この欠陥を利用して、システムをクラッシュさせたり、システム上の自分の権限を昇格させたりするおそれがあります。
(CVE-2014-8159、重要度高)

* Linux カーネルのフレームバッファデバイス実装が mmap syscall でカーネルメモリをユーザー空間にマップする方法で、整数オーバーフローの欠陥が見つかりました。フレームバッファデバイスファイル(/dev/fb*)にアクセス可能なローカルのユーザーが、この欠陥を悪用して、システム上で権限を昇格させる可能性がありました。(CVE-2013-2596、重要度高)

* Linux カーネルの ISOFS 実装の parse_rock_ridge_inode_internal() 関数が、Rock Ridge 子リンク(CL)タグを処理するときに、移動されたディレクトリを適切にチェックしていないことが見つかりました。
システムへの物理アクセス権がある攻撃者が、特別に細工された ISO イメージを使用して、システムをクラッシュさせたり、システムにおける権限を昇格させる可能性があります。(CVE-2014-5471、CVE-2014-5472、重要度低)

Red Hat は、CVE-2014-8159 の問題を報告してくれた Mellanox に感謝の意を表します。CVE-2014-7841 の問題は、Red Hat の Liu Wei 氏により発見されました。

この更新は以下のバグも修正します:

* 以前、特定のネットワークデバイスドライバーは、ロードされた直後には ethtool コマンドを受け付けませんでした。その結果、指定されたデバイスドライバーの現在の設定は適用されず、エラーメッセージが返されました。ETHTOOL_DELAY 変数が追加され、オプション設定の適用を試みる前に ethtool ユーティリティがしばらく待機することを確認することで、バグを修正します。(BZ#1138299)

* サーバーと通信するための新しいソケットへのメモリ割り当て中に、rpciod デーモンが、コミットする必要がある白紙ページをリリースしました。ただし、コミットにはソケット接続のみが提供されるため、このコミットは無期限にキューに入りました。結果として rpciod でデッドロックが発生しました。この更新により、ソケット割り当て前の作業キュータスクで PF_FSTRANS フラグが設定され、コミット呼び出しを行うかどうかを判断する際のフラグに nfs_release_page チェックが追加されるため、このバグが修正されます。(BZ#1192326)

カーネルの全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2015:0695

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-5472

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-5471

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-2596

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-7841

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-8159

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 81906

ファイル名: redhat-RHSA-2015-0695.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/3/18

更新日: 2022/9/16

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

Temporal Score: 6

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-8159

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-firmware, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/3/17

脆弱性公開日: 2013/4/12

CISAの既知の悪用日: 2022/10/6

参照情報

CVE: CVE-2013-2596, CVE-2014-5471, CVE-2014-5472, CVE-2014-7841, CVE-2014-8159

RHSA: 2015:0695