GLSA-201503-11:OpenSSL:複数の脆弱性(FREAK)

high Nessus プラグイン ID 82010
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートの Gentoo ホストでは、セキュリティに関連するパッチが少なくとも 1 つ不足しています。

説明

リモートホストは、GLSA-201503-11 で説明されている脆弱性の影響を受けます(OpenSSL:複数の脆弱性)

OpenSSL に複数の脆弱性が見つかりました。詳細については、下記で言及されている CVE 識別子および Upstream アドバイザリをご確認ください:
RSA はサイレントに EXPORT_RSA にダウングレードします [クライアント](再分類済み)(CVE-2015-0204)ASN1_TYPE_cmp でのセグメンテーション違反(CVE-2015-0286)ASN.1 構造体再利用でのメモリ破損(CVE-2015-0287)X509_to_X509_REQ の NULL ポインターデリファレンス(CVE-2015-0288)PKCS7 の NULL ポインターデリファレンス(CVE-2015-0289)Base64 デコード(CVE-2015-0292)SSLv2 サーバーでの到達可能なアサーションを介した DoS(CVE-2015-0293)d2i_ECPrivatekey エラーに続く use-after-free(CVE-2015-0209)以下の問題は、サポートされた Gentoo 安定版(stable)ツリーの一部ではない、OpenSSL 1.0.2 にのみ影響を与えます:
OpenSSL 1.0.2 ClientHello sigalgs の DoS(CVE-2015-0291)Multiblock の破損したポインター(CVE-2015-0290)DTLSv1_listen でのセグメンテーション違反(CVE-2015-0207)無効な PSS パラメーターでのセグメンテーション違反(CVE-2015-0208)クライアント認証と DHE での空の CKE(CVE-2015-1787)シードされていない PRNG とのハンドシェイク(CVE-2015-0285)影響:

リモートの攻撃者は、複数のベクトルを利用して、サービス拒否および情報漏洩を引き起こすことができます。
回避策:

現時点で、既知の回避策はありません。

ソリューション

OpenSSL 1.0.1 の全ユーザーは、最新バージョンにアップグレードする必要があります:
# emerge --sync # emerge --ask --oneshot --verbose '>=dev-libs/openssl-1.0.1l-r1' OpenSSL 0.9.8 の全ユーザーは、最新バージョンにアップグレードする必要があります:
# emerge --sync # emerge --ask --oneshot --verbose '>=dev-libs/openssl-0.9.8z_p5-r1' アップグレードを有効にするには、OpenSSL ライブラリに依存するパッケージを再起動する必要があります。再コンパイルが必要なパッケージもあります。
revdep-rebuild などのツールは、これらのパッケージの一部を特定するのに役立つ場合があります。

関連情報

https://www.openssl.org/news/secadv/20150319.txt

https://security.gentoo.org/glsa/201503-11

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 82010

ファイル名: gentoo_GLSA-201503-11.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: local

公開日: 2015/3/24

更新日: 2021/1/11

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:gentoo:linux:openssl, cpe:/o:gentoo:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Gentoo/release, Host/Gentoo/qpkg-list

パッチ公開日: 2015/3/19

参照情報

CVE: CVE-2015-0204, CVE-2015-0207, CVE-2015-0208, CVE-2015-0209, CVE-2015-0285, CVE-2015-0287, CVE-2015-0288, CVE-2015-0289, CVE-2015-0290, CVE-2015-0291, CVE-2015-0292, CVE-2015-0293, CVE-2015-1787

GLSA: 201503-11