Firefox ESR 31.x < 31.5.2 JIT コード実行(Mac OS X)

medium Nessus プラグイン ID 82034

概要

リモート Mac OS X ホストに、リモートコードの実行の脆弱性による影響を受ける Web ブラウザがあります。

説明

リモートの Mac OS X ホストにインストールされている Mozilla Firefox ESR 31.x のバージョンが 31.5.2 より前です。このため、リモートコード実行の脆弱性による影響を受けます。これは、「asmjs/AsmJSValidate.cpp」のタイプ付き配列境界チェックの領域外エラーによるもので、 JavaScript のジャストインタイムコンパイルに関係しています。特別に細工された Web ページを使用するリモートの攻撃者が、この欠陥を悪用して、メモリへの読み書きにより任意のコードを実行する可能性があります。

ソリューション

Firefox ESR 31.5.2 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2015-29/

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 82034

ファイル名: macosx_firefox_31_5_2_esr.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2015/3/24

更新日: 2019/11/22

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2015-0817

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mozilla:firefox_esr

必要な KB アイテム: MacOSX/Firefox/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/3/20

脆弱性公開日: 2015/3/19

参照情報

CVE: CVE-2015-0817

BID: 73263