Debian DLA-23-1:nss セキュリティ更新

high Nessus プラグイン ID 82171

概要

リモートの Debian ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

CVE-2013-1741

64 ビット コンピューターの証明書解析のランナウェイ memset により、4Gb の NULL の書き込みを行おうとすると、クラッシュが引き起こされる可能性があります。

CVE-2013-5606

verifylog モードの証明書検証は検証エラーを返しませんが、代わりにアプリケーションがログを検索して、ステータスを判断することを予期しました。

CVE-2014-1491

ディフィー・ヘルマン鍵交換で公開値が適切に制限されないため発生するチケット処理の保護メカニズムのバイパス。

CVE-2014-1492

ワイルドカード証明書に対する不適切な IDNA ドメイン名の一致によって、特別に細工された無効な証明書が有効であるとみなされる可能性があります。

注:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを DLA セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージをアップグレードしてください。

関連情報

https://lists.debian.org/debian-lts-announce/2014/07/msg00011.html

https://packages.debian.org/source/squeeze-lts/nss

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 82171

ファイル名: debian_DLA-23.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/3/26

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:libnss3-1d, p-cpe:/a:debian:debian_linux:libnss3-1d-dbg, p-cpe:/a:debian:debian_linux:libnss3-dev, p-cpe:/a:debian:debian_linux:libnss3-tools, cpe:/o:debian:debian_linux:6.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/7/31

参照情報

CVE: CVE-2013-1741, CVE-2013-5606, CVE-2014-1491, CVE-2014-1492

BID: 63736, 63737, 65332, 66356