Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:php-ZendFramework(MDVSA-2015:097)

high Nessus プラグイン ID 82350

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

更新済みの php-ZendFramework パッケージは、複数の脆弱性を修正します。

XML 外部エンティティ(XXE)および XML エンティティ拡張(XEE)の欠陥が、 Zend フレームワークで見つかりました。攻撃者が、これらの欠陥を利用して、サービス拒否を引き起こすことや、サーバープロセスにアクセスできるファイルにアクセスすることや、より高度な XML 外部エンティティ(XXE)攻撃を実行する可能性があります(CVE-2014-2681、CVE-2014-2682、CVE-2014-2683)。

Zend_OpenId の Consumer コンポーネントを使用すると、悪意のある OpenID プロバイダーを使用することにより、任意の OpenID アカウントを用いて(機密情報を知らなくても)ログインできます。つまり、弊社自身の OpenID プロバイダーの管理下にない、任意の OpenID Identity (MyOpenID や Google など)を使用して、OpenID にログインできます。このように、フレームワークに反して、任意の OpenID Identity に偽装することができます(CVE-2014-2684、CVE-2014-2685)。

Zend フレームワーク 1 の Zend_Db_Select における ORDER BY SQL ステートメントの実装には、渡されたクエリ文字列に括弧が含まれている場合に、 SQL インジェクションの可能性が含まれています(CVE-2014-4914)。

PHP の LDAP 拡張にバグがあるため、ZendFramework の Zend_ldap クラスがログインに使用される場合に、攻撃者が null バイトを使用して、空のパスワードのチェックをバイパスし、認証されていない LDAP bind を実行することにより、任意のユーザーとしてログインする可能性があります(CVE-2014-8088)。

Microsoft SQL Server を PHP から接続する機能を提供する sqlsrv PHP 拡張が、SQL クエリにより受け渡される値を手動で引用する内蔵引用メカニズムを提供しません。
開発者は準備されたステートメントを使用することが推奨されます。Zend Framework は Zend_Db_Adapter_Sqlsrv により引用メカニズムを提供します。Zend_Db_Adapter_Sqlsrv は、推奨のダブルシングルクォート('')を引用デリミタとして使用します。SQL Server は、クエリの null バイトを文字列終端子として処理します。これにより、攻撃者は null バイトに後続する任意の SQL を追加し、SQL インジェクションを作成できます(CVE-2014-8089)。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://advisories.mageia.org/MGASA-2014-0151.html

http://advisories.mageia.org/MGASA-2014-0311.html

http://advisories.mageia.org/MGASA-2014-0434.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 82350

ファイル名: mandriva_MDVSA-2015-097.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2015/3/30

更新日: 2021/1/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ZendFramework, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ZendFramework-Cache-Backend-Apc, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ZendFramework-Cache-Backend-Memcached, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ZendFramework-Captcha, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ZendFramework-Dojo, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ZendFramework-Feed, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ZendFramework-Gdata, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ZendFramework-Pdf, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ZendFramework-Search-Lucene, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ZendFramework-Services, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ZendFramework-demos, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ZendFramework-extras, p-cpe:/a:mandriva:linux:php-ZendFramework-tests, cpe:/o:mandriva:business_server:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

パッチ公開日: 2015/3/28

参照情報

CVE: CVE-2014-2681, CVE-2014-2682, CVE-2014-2683, CVE-2014-2684, CVE-2014-2685, CVE-2014-4914, CVE-2014-8088, CVE-2014-8089

MDVSA: 2015:097