Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:python-requests(MDVSA-2015:133)

medium Nessus プラグイン ID 82386

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

更新済み python-requests パッケージにより、次のセキュリティ脆弱性が修正されます:

Python-requests に脆弱性があることが見つかりました。ユーザーがパスワードを ~/.netrc ファイルに保存している場合、攻撃者が、リダイレクトリクエストを通して ~/.netrc ファイルからパスワードを取得する可能性があります(CVE-2014-1829)。

リダイレクトが発生したとき、python-requests の Proxy-Authorization ヘッダーは再評価されないことが判明しました。Proxy-Authorization ヘッダーは、リダイレクトで新しいプロキシまたはプロキシでない送信先に送信されました(CVE-2014-1830)。

2.6.0 より前の python-requests では、ホスト値が設定されていないクッキーは、リダイレクトされた URL のホスト名を使用するため、リクエストのユーザーをセッション固定攻撃およびクッキー盗難の危険にさらす可能性があります(CVE-2015-2296)。

ソリューション

影響を受ける python-requests および/または python3-requests パッケージを更新してください。

関連情報

http://advisories.mageia.org/MGASA-2014-0409.html

http://advisories.mageia.org/MGASA-2015-0120.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 82386

ファイル名: mandriva_MDVSA-2015-133.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2015/3/30

更新日: 2021/1/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:python-requests, p-cpe:/a:mandriva:linux:python3-requests, cpe:/o:mandriva:business_server:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

パッチ公開日: 2015/3/29

参照情報

CVE: CVE-2014-1829, CVE-2014-1830, CVE-2015-2296

MDVSA: 2015:133