Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:nodejs(MDVSA-2015:142)

high Nessus プラグイン ID 82395

概要

リモート Mandriva Linux ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

更新済み nodejs パッケージにより、セキュリティ脆弱性が修正されます:

Node.js 0.8 および 0.10 とともに出荷されているバージョン V8 に、サービス拒否を引き起こすメモリ破損の脆弱性が、見つかりました。特定の状況において、GC をトリガーして割り込みを受信する可能性のある、特に深い再帰のワークロードは、スタックをオーバーフローさせることや、セグメンテーション違反が発生することがあります。たとえば、ワークロードに連続する JSON.parse 呼び出しが含まれ、解析されるオブジェクトが非常に深い場合、解析中にプロセスが中断されることがあります(CVE-2014-5256)。

0.10.31 以前の Node.js で使用されているように、3.24.35.10 以前の Google V8 での詳細不明な複数の脆弱性により、攻撃者が不明なベクトルを介して、サービス拒否を引き起こしたり、その他の影響を与えたりすることができます(CVE-2013-6668)。

nodejs パッケージは、バージョン 0.10.33 に更新されており、これらの問題およびその他の複数のバグが修正されます。

ソリューション

影響を受ける nodejs パッケージを更新してください。

関連情報

http://advisories.mageia.org/MGASA-2014-0516.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 82395

ファイル名: mandriva_MDVSA-2015-142.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2015/3/30

更新日: 2021/1/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:nodejs, cpe:/o:mandriva:business_server:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

パッチ公開日: 2015/3/29

参照情報

CVE: CVE-2013-6668, CVE-2014-5256

MDVSA: 2015:142