Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:libvncserver(MDVSA-2015:146)

high Nessus プラグイン ID 82399

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

更新済み libvncserver パッケージにより、セキュリティ脆弱性が修正されます:

2.07 以前の liblzo での整数オーバーフローにより、攻撃者が、攻撃者からの圧縮されたペイロードでの LZO 展開の実行を使用することによって、サービス拒否を引き起こすことができ、アプリケーションでコードを実行する可能性があります(CVE-2014-4607)。

libvncserver ライブラリは、脆弱なコードが含まれている liblzo の一部である、 minilzo のバンドル化されたコピーで構築されます。

悪意のある VNC サーバーが、大画面サイズのパラメーターを VNC クライアントにアドバタイズすることで、不適切なメモリ管理処理を発生させることが可能です。これは複数のメモリ破損の原因になり、VNC クライアントでリモートコードの実行を許可する可能性があります(CVE-2014-6051、 CVE-2014-6052)。

悪意のある VNC クライアントが、大画面サイズ、ClientCutText メッセージ長およびゼロ倍率パラメーター全て、またはいずれかをアドバタイズすることで、VNC サーバーで複数の DoS 条件を発生させることが可能です(CVE-2014-6053、CVE-2014-6054)。

悪意のある VNC クライアントが、ファイル転送メッセージ機能の使用時に長いファイル名とディレクトリ名、および属性(FileTime)の両方またはいずれか一方を渡すことで、複数のスタックベースのバッファオーバーフローを発生させることが可能です(CVE-2014-6055)。

ソリューション

影響を受ける lib64vncserver-devel、lib64vncserver0 および/または linuxvnc のパッケージを更新してください。

関連情報

http://advisories.mageia.org/MGASA-2014-0356.html

http://advisories.mageia.org/MGASA-2014-0397.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 82399

ファイル名: mandriva_MDVSA-2015-146.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2015/3/30

更新日: 2021/1/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64vncserver-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64vncserver0, p-cpe:/a:mandriva:linux:linuxvnc, cpe:/o:mandriva:business_server:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

パッチ公開日: 2015/3/29

参照情報

CVE: CVE-2014-4607, CVE-2014-6051, CVE-2014-6052, CVE-2014-6053, CVE-2014-6054, CVE-2014-6055

MDVSA: 2015:146