Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:libssh2(MDVSA-2015:148-1)

medium Nessus プラグイン ID 82401

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

更新 libssh2 パッケージは、セキュリティの脆弱性を修正します。

SSH2 クライアントサイドライブラリである libssh2 が、リモートサーバーと新しい SSH セッションについてネゴシエーションするときに、十分な範囲チェックなしに SSH_MSG_KEXINIT パケットを読み取って使用していることを、Mariusz Ziulek が報告しています。
悪意のある攻撃者が実際のサーバーに中間者攻撃を行い、libssh2 ライブラリを使用するクライアントをクラッシュ(サービス拒否)させたり、このプロセスの意図されないメモリ領域を読み取って使用したりする可能性があります(CVE-2015-1782)。

更新:

MDVSA-2015:148 アドバイザリの Mandriva Business Server 1 向けのパッケージがありませんでしたが、現在は提供されています。

ソリューション

影響を受ける lib64ssh2-devel および/または lib64ssh2_1 のパッケージを更新してください。

関連情報

http://advisories.mageia.org/MGASA-2015-0107.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 82401

ファイル名: mandriva_MDVSA-2015-148.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

公開日: 2015/3/30

更新日: 2021/1/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.8

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64ssh2-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64ssh2_1, cpe:/o:mandriva:business_server:1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/3/29

参照情報

CVE: CVE-2015-1782

BID: 73061

MDVSA: 2015:148-1