Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:bind(MDVSA-2015:165)

high Nessus プラグイン ID 82418

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

bind パッケージの更新では、以下のセキュリティの脆弱性が修正されます:

悪意を持って構築されたゾーンまたは不正なサーバーを利用することにより、攻撃者が、コード BIND 9 の使用の見落としを悪用し、Domain Name Service の委任に従うことが可能です。これにより BIND は、委任に従う試行で無制限のクエリを発行します。これは、リソースの枯渇とサービス拒否(named サーバープロセスの終了までを含む)の原因になっています(CVE-2014-8500)。

Jan-Piet Mens 氏は、無効な DNSSEC キーロールオーバーの処理中に、ゾーンオペレーターの部分でのエラー、またはネットワークトラフィックの妨害のいずれかにより、BIND DNS サーバーがクラッシュする場合があることを発見しました。この問題は、「dnssec-lookaside auto;」(Mandriva のデフォルト構成で有効化)または「dnssec-validation auto;」のディレクティブのある構成に影響を与えます(CVE-2015-1349)。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://advisories.mageia.org/MGASA-2014-0524.html

http://advisories.mageia.org/MGASA-2015-0082.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 82418

ファイル名: mandriva_MDVSA-2015-165.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

公開日: 2015/3/30

更新日: 2021/1/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:bind, p-cpe:/a:mandriva:linux:bind-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:bind-doc, p-cpe:/a:mandriva:linux:bind-sdb, p-cpe:/a:mandriva:linux:bind-utils, cpe:/o:mandriva:business_server:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

パッチ公開日: 2015/3/29

参照情報

CVE: CVE-2014-8500, CVE-2015-1349

MDVSA: 2015:165