Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:clamav (MDVSA-2015:166)

high Nessus プラグイン ID 82419

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

更新済みの clamav パッケージは、次のセキュリティの脆弱性を修正しています:

ClamAV 0.98.6 は、いくつかのバグを修正するメンテナンスリリースで、その一部かはセキュリティのバグです:

特定の JavaScript ファイルは、-a (アーカイブされたファイルをリスト)でスキャンされたときに ClamAV でセグメンテーション違反を発生します(CVE-2013-6497)。

特別に細工された y0da Crypter の不明瞭な PE ファイルをスキャンする際のヒープバッファオーバーフローが ClamAV で報告されました(CVE-2014-9050)。

細工された Yoda の crypter ファイルによるヒープ領域外の状態を修正します。
この問題は、 Google セキュリティチームの Felix Groebert 氏により発見されました。

細工された mew パッカーファイルによるヒープ領域外の状態を修正します。この問題は、 Google セキュリティチームの Felix Groebert 氏により発見されました。

細工された upx パッカーファイルによるヒープ領域外の状態を修正します。この問題は、 Quarkslab の Kevin Szkudlapski 氏により発見されました。

細工された upack パッカーファイルによるヒープ領域外の状態を修正します。
この問題は、Sebastian Andrzej Siewior 氏により発見されました(CVE-2014-9328)。

細工された petite パッカーファイルを処理する際に、コンパイラの最適化が不適切だったため発生していたクラッシュをなくします。この問題は、Sebastian Andrzej Siewior 氏により発見されました。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://advisories.mageia.org/MGASA-2014-0487.html

http://advisories.mageia.org/MGASA-2015-0056.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 82419

ファイル名: mandriva_MDVSA-2015-166.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2015/3/30

更新日: 2021/1/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:clamav, p-cpe:/a:mandriva:linux:clamav-db, p-cpe:/a:mandriva:linux:clamav-milter, p-cpe:/a:mandriva:linux:clamd, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64clamav-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64clamav6, cpe:/o:mandriva:business_server:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

パッチ公開日: 2015/3/29

参照情報

CVE: CVE-2014-6497, CVE-2014-9050, CVE-2014-9328

MDVSA: 2015:166