Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:glpi(MDVSA-2015:167)

high Nessus プラグイン ID 82420

概要

リモート Mandriva Linux ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

更新 glpi パッケージは、セキュリティの脆弱性を修正しています:

0.84.7 より前の GLPI のバグにより、コスト情報にアクセスできないユーザーが、検索条件としてコストを選択したときにこの情報が実際には見える可能性があります(CVE-2014-5032)。

0.84.8 より前の GLPI の問題により、任意のローカルファイルが、自動ロード関数を通じて PHP に含まれる可能性があります(CVE-2014-8360)。

0.85.1 より前の GLPI において、ajax/getDropdownValue.php にある SQL インジェクションの脆弱性により、リモートの認証されたユーザーが、条件パラメーターを通じて、任意の SQL コマンドを実行することが可能です(CVE-2014-9258)。

ソリューション

影響を受ける glpi パッケージを更新してください。

関連情報

http://advisories.mageia.org/MGASA-2015-0017.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 82420

ファイル名: mandriva_MDVSA-2015-167.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

公開日: 2015/3/30

更新日: 2021/1/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:glpi, cpe:/o:mandriva:business_server:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

パッチ公開日: 2015/3/30

参照情報

CVE: CVE-2014-5032, CVE-2014-8360, CVE-2014-9258

MDVSA: 2015:167