Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ: ffmpeg(MDVSA-2015:173)

high Nessus プラグイン ID 82449
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 5.9

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

更新 ffmpeg パッケージは、セキュリティの脆弱性を修正します。

2.0.4 より前の FFmpeg の libavcoded/takdec.c の tak_decode_frame 関数は、特定のビット毎サンプル値を適切に検証していませんでした。これにより、リモートの攻撃者が、細工された TAK(別名 Tom's lossless Audio Kompressor)データで、サービス拒否(領域外の配列アクセス)を引き起こすことや、詳細不明なその他の影響を及ぼす可能性があります(CVE-2014-2097)。

2.0.4 以前の FFmpeg の libavcodec/wmalosslessdec.c は、特定の係数に対して不適切なデータ構造サイズを使用しています。これにより、リモートの攻撃者はサービス拒否(メモリ破損)を引き起こすことや、特別に細工された WMA データから詳細不明のその他の影響を与えることがあります(CVE-2014-2098)。

2.0.4 以前の FFmpeg の libavcodec/msrle.c の msrle_decode_frame 関数は、ラインサイズを適切に計算しません。これにより、リモートの攻撃者は、サービス拒否(領域外配列アクセス)を引き起こすことや、特別に細工された Microsoft RLE ビデオデータから詳細不明な影響を与えることがあります(CVE-2014-2099)。

2.0.4 より前の FFmpeg の MPEG2 トランスポートストリーム(別名 DVB)muxer(libavformat/mpegtsenc.c)の mpegts_write_pmt 関数により、リモートの攻撃者が詳細不明な影響やベクトルを与えることができます。これにより、領域外の書き込みが発生します(CVE-2014-2263)。

2.0.5 より前の FFmpeg の LZO 展開の整数オーバーフローにより、リモートの攻撃者が、動画ファイルに圧縮データを埋め込むことで、詳細不明な影響を与えることができます(CVE-2014-4610)。

2.0.6 より前の FFmpeg の libavcodec/proresenc_kostya.c の encode_slice 関数にあるヒープベースのバッファオーバーフローによりクラッシュが発生する可能性があります。これにより、悪意のある画像ファイルがサービス拒否を発生させることがあります(CVE-2014-5271)。

2.0.6 より前の FFmpeg の libavcodec/iff.c により、攻撃者が、細工された iff 画像から詳細不明な影響を与えることができます。これにより、rgb8 および rgbn 形式に関連した領域外配列アクセスが発生します(CVE-2014-5272)。

2.0.6 より前の FFmpeg の libavcodec/mjpegdec.c は、画像サイズが変更されたかどうかを判断する際に、寸法の違いのみに配慮していて、ビット毎ピクセルの違いに配慮していません。これにより、リモートの攻撃者が、細工された MJPEG データで、サービス拒否(領域外アクセス)を引き起こしたり、他の特定されない影響を及ぼす可能性があります(CVE-2014-8541)。

2.0.6 より前の FFmpeg の libavcodec/utils.c は、アライメントの実行中に特定のコーデック ID を省略します。これにより、リモートの攻撃者が、細工された JV データで、サービス拒否(領域外アクセス)を引き起こすことや、詳細不明な影響を与えることがあります(CVE-2014-8542)。

2.0.6 より前の FFmpeg の libavcodec/mmvideo.c は、画像の高さの検証中に HHV Intra ブロックのすべてのラインに配慮しません。これにより、リモートの攻撃者が、細工された MM 動画データから、サービス拒否(領域外アクセス)を引き起こすことや、詳細不明な影響を与えることがあります(CVE-2014-8543)。

2.0.6 より前の FFmpeg の libavcodec/tiff.c は、ビット毎ピクセルフィールドを適切に検証していません。これにより、リモートの攻撃者が、細工された TIFF データから、サービス拒否(領域外アクセス)を引き起こすことや、詳細不明な影響を与えることがあります(CVE-2014-8544)。

2.0.6 より前の FFmpeg の libavcodec/pngdec.c は、ビット毎ピクセルの値が 1 であることを検証せずにモノクロームブラック形式を許可します。これにより、リモートの攻撃者が、細工された PNG データを介して、サービス拒否(領域外アクセス)を引き起こしたり、他の詳細不明な影響を与えたりする可能性があります(CVE-2014-8545)。

2.0.6 より前の FFmpeg の libavcodec/cinepak.c の整数アンダーフローにより、リモートの攻撃者が、細工された Cinepak 動画データからサービス拒否(領域外アクセス)を引き起こすことや、詳細不明な影響を与えることができます(CVE-2014-8546)。

2.0.6 より前の FFmpeg の libavcodec/gifdec.c は、画像の高さを適切に計算していません。これにより、リモートの攻撃者が、細工された GIF データを介して、サービス拒否(領域外アクセス)を引き起こしたり、他の詳細不明な影響を与えたりする可能性があります(CVE-2014-8547)。

2.0.6 より前の FFmpeg の libavcodec/smc.c の off-by-one エラーにより、リモートの攻撃者が、細工された Quicktime Graphics(別名 SMC)動画データを介して、サービス拒否(領域外アクセス)を引き起こしたり、他の詳細不明な影響を与えたりする可能性があります(CVE-2014-8548)。

この更新では、ffmpeg バージョン 2.0.6 を提供します。これは、修正済み upstream の問題やその他のバグを修正します。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://advisories.mageia.org/MGASA-2014-0280.html

http://advisories.mageia.org/MGASA-2014-0464.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 82449

ファイル名: mandriva_MDVSA-2015-173.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2015/3/31

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 5.9

CVSS v2.0

Base Score: 9.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:ffmpeg, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64avcodec55, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64avfilter3, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64avformat55, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64avutil52, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64ffmpeg-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64ffmpeg-static-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64postproc52, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64swresample0, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64swscaler2, cpe:/o:mandriva:business_server:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

パッチ公開日: 2015/3/30

参照情報

CVE: CVE-2014-2097, CVE-2014-2098, CVE-2014-2099, CVE-2014-2263, CVE-2014-4610, CVE-2014-5271, CVE-2014-5272, CVE-2014-8541, CVE-2014-8542, CVE-2014-8543, CVE-2014-8544, CVE-2014-8545, CVE-2014-8546, CVE-2014-8547, CVE-2014-8548

MDVSA: 2015:173