RHEL 7:kernel-rt(RHSA-2015:0727)

critical Nessus プラグイン ID 82493

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

2 つのセキュリティの問題といくつかのバグを修正する更新済みの kernel-rt パッケージが、Red Hat Enterprise Linux 7 で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高として評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

kernel-rt パッケージには Linux オペレーティングシステムのコアである Linux カーネルが含まれています。

* Linux カーネルの Infiniband サブシステムが、(u)verbs API を介してメモリ領域をユーザー空間から登録する際に、その入力パラメータを適切にサニタイズしないことが発見されています。/dev/infiniband/uverbsX デバイスにアクセスできるローカルユーザーが、この欠陥を利用して、システムをクラッシュさせたり、システム上の自分の権限を昇格させたりするおそれがあります。
(CVE-2014-8159、重要度高)

* INIT 衝突中に、Linux カーネルの SCTP 実装が認証キー参照カウントを処理する方法で、use-after-free の欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、システムをクラッシュすることや、システム上の自身の権限を昇格する可能性があります。
(CVE-2015-1421、重要度高)

Red Hat は、CVE-2014-8159 の問題を報告してくれた Mellanox に感謝の意を表します。CVE-2015-1421 の問題が、 Red Hat の Sun Baoliang 氏により発見されました。

kernel-rt パッケージは、バージョン 3.10.0-229.1.2 にアップグレードされています。このバージョンでは、以下を含む以前のバージョンの多くのバグ修正を提供します:

* カーネルの呼び出し ioapic_lock のデッドロックのために、kdump サービスが反応しなくなる可能性があります。

* シンデバイスまたはスナップショットシンデバイスを作成するなどメタデータ変更を行う試みで明確にエラーは出ませんでした。

(BZ#1203359)

kernel-rt の全ユーザーは、これらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2015:0727

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-8159

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-1421

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 82493

ファイル名: redhat-RHSA-2015-0727.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/4/1

更新日: 2019/10/24

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

現状値: 7.4

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-devel

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/3/26

脆弱性公開日: 2015/3/16

参照情報

CVE: CVE-2014-8159, CVE-2015-1421

RHSA: 2015:0727