OracleVM 3.3: kernel-uek (OVMSA-2015-0040)

high Nessus プラグイン ID 82691
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートOracleVMシステムに、重大なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチが、欠落しています:詳細については、Oracle VMセキュリティアドバイザリ OVMSA-2015-0040 を参照してください。

ソリューション

影響を受けるkernel-uek / kernel-uek-firmwareパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?2787d9ec

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 82691

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2015-0040.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: local

公開日: 2015/4/10

更新日: 2021/1/4

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/4/7

脆弱性公開日: 2014/6/23

参照情報

CVE: CVE-2013-7421, CVE-2014-3182, CVE-2014-3186, CVE-2014-3601, CVE-2014-3610, CVE-2014-3688, CVE-2014-4027, CVE-2014-4652, CVE-2014-4656, CVE-2014-5471, CVE-2014-5472, CVE-2014-6410, CVE-2014-7826, CVE-2014-7970, CVE-2014-7975, CVE-2014-8133, CVE-2014-8134, CVE-2014-8159, CVE-2014-8160, CVE-2014-8173, CVE-2014-8884, CVE-2014-9090, CVE-2014-9322, CVE-2014-9644, CVE-2015-1421, CVE-2015-2150

BID: 67985, 68159, 68163, 68170, 69396, 69428, 69489, 69763, 69770, 69799, 70314, 70319, 70742, 70768, 70971, 71097, 71250, 71650, 71684, 71685, 72061, 72320, 72322, 72356, 73014, 73060, 73133