Ecava IntegraXor < 4.2.4488 の権限昇格

medium Nessus プラグイン ID 82698

概要

リモート Windows ホストにインストールされている SCADA アプリケーションは、権限昇格の脆弱性による影響を受けます。

説明

リモート Windows ホストにインストールされている Ecava IntegraXor SCADA Server のバージョンは、4.2.4488 より前です。このため、DLL ファイルのロード時に安全でないパスが使用されることにより、権限昇格の脆弱性に影響される可能性があります。デフォルトのインストール先の管理アクセス権を持つローカルの攻撃者がこの欠陥を悪用して、アプリケーションの権限で実行されるコードを含む悪意のある DLL ファイルを配置する可能性があります。

ソリューション

バージョン 4.2.4488 または以降にアップグレードしてください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?f95bdb37

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 82698

ファイル名: scada_app_ecava_integraxor_4_2_4488.nbin

バージョン: 1.96

タイプ: local

ファミリー: SCADA

公開日: 2015/4/10

更新日: 2024/5/20

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 4.4

現状値: 3.3

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:ecava:integraxor

必要な KB アイテム: installed_sw/Ecava IntegraXor

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/4/1

脆弱性公開日: 2015/3/31

参照情報

CVE: CVE-2015-0990

BID: 73472

ICSA: 15-090-02