MySQL 5.5.x < 5.5.42 / 5.6.x < 5.6.23 の複数の DoS 脆弱性(April 2015 CPU)

medium Nessus プラグイン ID 82799

概要

リモートのデータベースサーバーは、複数のサービス拒否脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで起動している MySQL のバージョンは、5.5.42 より前の 5.5.x、または 5.6.23 より前の 5.6.x です。このため、複数のサービス拒否脆弱性の影響を受ける可能性があります:

- SSLv3 オプションが有効ではなく、SSLv3 ClientHello を受信する場合、NULL ポインターデリファレンスの欠陥が存在します。これにより、リモートの攻撃者が、予期しないハンドシェイクを使用してデーモンをクラッシュさせてサービス拒否を引き起こす可能性があります。 (CVE-2014-3569)

- また、認証されているリモートの攻撃者によるサービス拒否が可能になる、次の MySQL サブコンポーネントに、詳細不明な欠陥が存在しています。

- XA(CVE-2015-0405)
- オプティマイザー(CVE-2015-0423)
- InnoDB:DML(CVE-2015-0433)
- パーティション(CVE-2015-0438)
- InnoDB (CVE-2015-0439)
- セキュリティ:暗号化(CVE-2015-0441)
- DML(CVE-2015-2566)
- セキュリティ:権限(CVE-2015-2568)
- DDL(CVE-2015-2573)

ソリューション

Oracle April 2015 Critical Patch Update アドバイザリで言及されている通り、 MySQL のバージョン 5.5.42/5.6.23 またはそれ以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?915d056a

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 82799

ファイル名: mysql_5_6_23.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: remote

ファミリー: Databases

公開日: 2015/4/15

更新日: 2018/11/15

構成: パラノイドモードの有効化

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:mysql

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/4/14

脆弱性公開日: 2014/10/16

参照情報

CVE: CVE-2014-3569, CVE-2015-0405, CVE-2015-0423, CVE-2015-0433, CVE-2015-0438, CVE-2015-0439, CVE-2015-0441, CVE-2015-2566, CVE-2015-2568, CVE-2015-2573

BID: 71934, 74073, 74078, 74085, 74089, 74091, 74098, 74103, 74110, 74126