RHEL 5 / 6:Flash プラグイン(RHSA-2015:0813)

critical Nessus プラグイン ID 82812

概要

リモート Red Hat ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティ問題を解決する、更新済みの Adobe Flash Player パッケージの更新が、Red Hat Enterprise Linux 5 および 6 Supplementary で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要として評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

Flash プラグインパッケージには、Mozilla Firefox と互換性のある Adobe Flash Player Web ブラウザプラグインが含まれています。

この更新では、Adobe Flash Player の複数の脆弱性を修正します。
これらの脆弱性は、「参照」セクションにリストされている Adobe Security Bulletin APSB15-06 で詳しく説明されています。

Flash プラグインが特定の SWF コンテンツを表示する方法で、複数の欠陥が見つかりました。攻撃者は、これらの欠陥を悪用して、特別に細工された SWF ファイルを作成して Flash プラグインをクラッシュさせるか、ユーザーが悪意のある SWF コンテンツを含むページをロードする際に、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2015-0346、CVE-2015-0347、CVE-2015-0348、CVE-2015-0349、CVE-2015-0350 CVE-2015-0351、CVE-2015-0352、CVE-2015-0353、CVE-2015-0354、CVE-2015-0355、CVE-2015-0356、CVE-2015-0358、CVE-2015-0359、CVE-2015-0360、CVE-2015-3038、CVE-2015-3039、CVE-2015-3041、CVE-2015-3042、CVE-2015-3043)

Flash プラグインにセキュリティバイパスの欠陥が見つかりました。これにより、機密情報の漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2015-3044)

Flash プラグインで、メモリの情報漏洩の欠陥が 2 つ見つかりました。これにより、攻撃者が、ASLR(アドレス空間配置のランダム化)の保護をバイパスする可能性があり、他の欠陥を悪用することが容易です。(CVE-2015-0357、 CVE-2015-3040)

Adobe Flash Player の全ユーザーは、Flash Player をバージョン 11.2.202.457 にアップグレードするこの更新済みパッケージをインストールする必要があります。

ソリューション

影響を受ける Flash プラグインパッケージを更新してください。

関連情報

https://helpx.adobe.com/security/products/flash-player/apsb15-06.html

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2015:0813

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-3042

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-3043

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-3040

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-3041

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-3044

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0353

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0352

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0351

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0350

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0357

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0356

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0355

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0354

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0359

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0358

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0348

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0349

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0346

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0347

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0360

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-3039

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-3038

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 82812

ファイル名: redhat-RHSA-2015-0813.nasl

バージョン: 1.32

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/4/16

更新日: 2022/3/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2015-3043

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:flash-plugin, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/4/15

脆弱性公開日: 2015/4/14

CISAの既知の悪用日: 2022/3/24

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (Adobe Flash Player Nellymoser Audio Decoding Buffer Overflow)

参照情報

CVE: CVE-2015-0346, CVE-2015-0347, CVE-2015-0348, CVE-2015-0349, CVE-2015-0350, CVE-2015-0351, CVE-2015-0352, CVE-2015-0353, CVE-2015-0354, CVE-2015-0355, CVE-2015-0356, CVE-2015-0357, CVE-2015-0358, CVE-2015-0359, CVE-2015-0360, CVE-2015-3038, CVE-2015-3039, CVE-2015-3040, CVE-2015-3041, CVE-2015-3042, CVE-2015-3043, CVE-2015-3044

BID: 74062, 74064, 74065, 74066, 74067, 74068, 74069

RHSA: 2015:0813