Fedora 21:zarafa-7.1.12-1.fc21(2015-5823)

medium Nessus プラグイン ID 83089

概要

リモート Fedora ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

Zarafa Collaboration Platform 7.1.12 最終 [48726] ==================================================

- ZCP-10149:NFS および -o nolock オプションの使用法に関するヒントをドキュメントに含める

- ZCP-10233:Zarafa-mr-accept スクリプトが、特定の場合において、php timezone 関数についてのエラーを出力する

- ZCP-10578:管理者マニュアルにリバースプロキシに対する前提条件がない

- ZCP-10639:アーカイブ追加を試みた際の不適切なメッセージ

- ZCP-10919:マルチテナントモードで、リモート管理者がユーザーを解決できない

- ZCP-11061:帯域幅要件に関するドキュメント

- ZCP-11413:モニターに、未使用の構成オプションに関するエラーが出力される。

- ZCP-11418:Compat 機能が Outlook 2010 および Windows 8 で機能しない

- ZCP-11468:webapp を使用したいが、未サポートのブラウザを使用しているために問題に直面しているユーザーのためのドキュメントで、サポートブラウザのリストを簡単に検索するためのエリア

- ZCP-11664:WebApp ユーザーマニュアルから「you(あなた)」という表現を削除

- ZCP-11713:日本語の電子メールで本文テキストが壊れる

- ZCP-11744:ドキュメントでの zarafa-restore エラー

- ZCP-11786:zarafa-ws が /usr/share/doc/zarafa にファイルを配置しようとする

- ZCP-11869:ドキュメントが、マルチテナントパブリックフォルダー属性について不明瞭

- ZCP-11929:「テナント(企業)スペースの管理」と zarafa-admin との違い

- ZCP-11931:Outlook クライアント:オフラインプロファイルの同期により、zarafa-server が応答しなくなる

- ZCP-11937:「out of office(不在)」を初めて設定すると、言語がカタロニア語に設定される

- ZCP-11949:1 台のサーバーに 1 つのデータベースが必要であることを強調するようにドキュメントを更新。

- ZCP-12081:AB プロバイダー UID が複数回定義されるため、サーバーが無効なメモリを読み込む可能性がある

- ZCP-12110:セグメンテーション違反 zarafa-server 7.1.8 R1

- ZCP-12257:マニュアルに ads プラグインの場所を追加

- ZCP-12371:拡張ログレベルを使用する際に、LDAP ロギングをさらに追加

- ZCP-12409:ssl で zarafa-search がクラッシュする

- ZCP-12424:LMTP モードの Dagent が RFC5321 に違反している

- ZCP-12461:ECDatabaseMySQL が 2 回定義される

- ZCP-12488:ディスク上への添付ファイルの保存が最適に実装されていない

- ZCP-12491:シリアル MR の最終日が無視される

- ZCP-12492:Exchange から送信された私用メールがプライベートとしてマークされない。

- ZCP-12501:コンポーネントのドキュメント

- ZCP-12534:グループへの電子メール送信:受信者に対してグループが正確に表示されない。

- ZCP-12549:spooler.log から電子メールの件名を削除

- ZCP-12550:ZCP 7.1.10 で、Zarafa-hidden がキャッシュされた outlook に対して動作しない

- ZCP-12566:gsoap コードが、zcp のコミュニティディストリビューションに添付された弊社ライセンスを取得する

- ZCP-12568:LDAP サーバーの切り替え後に、ldap_uri によって webapp とサーバーの速度が低下する

- ZCP-12574:代表者への会議リクエストコピーでドイツ語のウムラウトが壊れる

- ZCP-12592:安全でない swfupload.swf を更新

- ZCP-12596:senddocument.php が、権限のないファイルアップロードを許可する

- ZCP-12597:OL2013 15.0.4641.1001 がプライベートの予定を表示する

- ZCP-12600:オブジェクトが大きい場合、同期が失敗するように見える

- ZCP-12608:OEM バージョンの Outlook 2013 では、互換性パッケージが常に正しくインストールされない

- ZCP-12611:別のカレンダーに予定を移動できない

- ZCP-12618:一時的なパッチ定義ファイルをシステム全体の中央の場所に移動する

- ZCP-12629:手動で起動した場合、zarafa-server バイナリがソケットと pid の存在をチェックしない

- ZCP-12657:dagent 着信メール処理の最適化

- ZCP-12660:zarafa-server より前に起動するように、zarafa-licensed の実行レベルを変更

- ZCP-12671:新しい OL2013 バージョン 15.0.4659.1000 クライアントを互換性コンポーネントに追加

- ZCP-12676:IMAP が行の読み取りに失敗:システムコールの割り込み

- ZCP-12692:user_safe_mode がアクティブな場合、バックエンド修正時に戻るとしても、ストアを孤立させるべきではない

- ZCP-12696:SMTP RFC ストア違反

- ZCP-12698:最新の g++(4.9)でコンパイルが失敗する

- ZCP-12716:x-mailer「CDO for windows 2000」でメールを送信すると添付ファイルがなくなる。

- ZCP-12720:SMTP RFC ストア違反

- ZCP-12754:プロファイル内で接続タイプを切り替えることが得策ではないことを文書化

- ZCP-12755:新しい OL2013 バージョン 15.0.4667.1000 クライアントを互換性コンポーネントに追加

- ZCP-12762:userquota_soft_template および userquota_hard_template をドキュメントから削除

- ZCP-12766:zarafa-mailbox-permissions が、--remove-all-permissions のルールを削除しない

- ZCP-12788:非アクティブユーザーの名前を更新するとアクティブユーザーに変わる

- ZCP-12790:添付ファイル付きメッセージが uuencode 形式から uudecode.py 付き添付ファイルに変換される

- ZCP-12791:ldap.cfg エラーによる zarafa-server のクラッシュ

- ZCP-12801:添付ファイルがデータベースに書き込まれない

- ZCP-12824:zarafa サーバーが、検索の代わりにインデクサーをいまだに記録する。

- ZCP-12845:ディスク上への添付ファイルの保存が最適に実装されていない

- ZCP-12847:debian/rhel パッケージの変更ログ作者を変更

- ZCP-12850:ECDatabaseMySQL が 2 回定義される

- ZCP-12851:zarafa-gateway:NOOP が間違ったリターンコードを返す

- ZCP-12852:暗号化した電子メールまたは署名された電子メールを読み込むと、電子メールの受信日時がサーバー時間に変わる

- ZCP-12865:zarafa-gateway.cfg の man ページに、imap_max_fail_commands の記述がない。

- ZCP-12877:代表者への会議リクエストコピーでドイツ語のウムラウトが壊れる

- ZCP-12889:セグメンテーション違反 zarafa-server 7.1.8 R1

- ZCP-12892:シリアル MR の最終日が無視される

- ZCP-12898:Ubuntu 10.04 で 7.1.10 に更新した後、zarafa-webaccess にログインがない

- ZCP-12901:x-mailer「CDO for windows 2000」でメールを送信すると添付ファイルがなくなる。

- ZCP-12908:ldap.cfg エラーによる zarafa-server のクラッシュ

- ZCP-12910:モニターに、未使用の構成オプションに関するエラーが出力される。

- ZCP-12914:companyquota_warning_template のコメントを monitor.cfg に追加

- ZCP-12918:smtpd がメールを拒否した場合、zarafa スプーラーがメールを永久にキューに入れる

- ZCP-12920:ユーザーとして、グローバルアドレス帳を漢字でソートできるようにしたい

- ZCP-12921:受信すると漢字が壊れる

- ZCP-12922:userquota_soft_template および userquota_hard_template をドキュメントから削除

- ZCP-12923:xmlto/libical/bison がないと、ソースからの構築に失敗する

- ZCP-12926:ECChannel::HrSelect が EINTR を正しく処理しない

- ZCP-12930:特別なメールを配信する際の zarafa-dagent セグメンテーション違反

- ZCP-12934:トレースバックをレポートする際は、Linux ディストリビューションの名前、システムアーキテクチャ、および Zarafa のバージョンを含めてください。

- ZCP-12944:中国語デコードに関する別の問題

- ZCP-12945:新しい OL2013 バージョン 15.0.4675.1003 クライアントを互換性コンポーネントに追加

- ZCP-12949:未サポートの Oracle パッケージに関するドキュメントを更新

- ZCP-12950:特別なメールを配信する際の zarafa-dagent セグメンテーション違反

- ZCP-12968:ECChannel::HrSelect が EINTR を正しく処理しない

- ZCP-12994:pop3 ユーザーで imap を無効にすると、特定のメールが破損する。

- ZCP-12995:「Out of office(不在)管理」で提供されるサンプルコマンドが不完全

- ZCP-13015:zcp 7.1 に SSL 設定を追加

- ZCP-13019:Debian 言語パックインストール用のドキュメントを更新

- ZCP-13020:zarafa-admin ツールで、パスワードが不一致の場合に誤った通知が発行される

- ZCP-13024:SYSTEM ユーザーの作成を許可

- ZCP-13026:新しい OL2013 バージョン 15.0.4693.1000 クライアントを互換性コンポーネントに追加

- ZCP-13030:新しい OL2010 バージョン 14.0.7143.5000 クライアントを互換性コンポーネントに追加

- ZCP-13035:WebApp/WebAccess に SSO を設定する際に、SSLCERT_FILE および SSLCERT_PASS を使用する

- ZCP-13039:companyquota_warning_template のコメントを monitor.cfg に追加

- ZCP-13046:管理マニュアルの z-push ドキュメントを改善

- ZCP-13047:man ページ zarafa-admin --hook-store--copyto-public が、
余分な情報を使用する可能性がある

- ZCP-13055:Zarafa outlook クライアント 7.1.11-48011 が、zarafa 自動アップデーターで適切に動作しない

- ZCP-13060:zarafa サーバーが、検索の代わりにインデクサーをいまだに記録する。

- ZCP-13061:オブジェクトが大きい場合、同期が失敗するように見える

- ZCP-13062:互換性パッケージインストールを、MSI の一般的なインストールモードに統合

- ZCP-13082:パッチ:HTML での誤った文字セット

- ZCP-13120:新しい OL2013 バージョン 15.0.4701.1000 クライアントを互換性コンポーネントに追加

- ZCP-13123:マニフェストおよび c2r インストール用の compat パッケージのインストールターゲットを簡素化

- ZCP-13143:Spooler.log が誤ったメッセージ通知を発行する

- ZCP-13153:Outlook:「send items(送信アイテム)」内のメッセージで返信すると、メッセージの「Reply-To:(送信先)」ヘッダーが
空になる。

- ZCP-13154:phpmapi がログファイルを生成する場合に役に立つ

- ZCP-13155:WebAccess/etc/zarafa/webaccess/config.php はシンボリックリンクではない

- ZCP-13158:Win32 で OpenSSL を 1.0.1m にアップグレード

- ZCP-13176:手動で起動した場合、zarafa-server バイナリがソケットと pid の存在をチェックしない

- ZCP-13177:パッチ:HTML での誤った文字セット

- ZCP-13179:phpmapi がログファイルを生成する場合に役に立つ

- ZCP-13180:Spooler.log が誤ったメッセージ通知を発行する

- ZCP-13187:添付ファイル付きメッセージが uuencode 形式から uudecode.py 付き添付ファイルに変換される

- ZCP-13190:「out of office(不在)」を初めて設定すると、言語がカタロニア語に設定される

- ZCP-13191:トレースバックをレポートする際は、Linux ディストリビューションの名前、システムアーキテクチャ、および Zarafa のバージョンを含めてください。

- ZCP-13192:アーカイブ追加を試みた際の不適切なメッセージ

- ZCP-13194:spooler.log から電子メールの件名を削除

- ZCP-6294:SYSTEM ユーザーの作成を許可

- ZCP-6443:zarafa-admin ツールで、パスワードが不一致の場合に誤った通知が発行される

- ZCP-7085:非アクティブユーザーの名前を更新するとアクティブユーザーに変わる

- ZCP-7296:管理者マニュアルの拡張

注意:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを Fedora セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受ける zarafa パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1139442

http://www.nessus.org/u?f0bb8e2a

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 83089

ファイル名: fedora_2015-5823.nasl

バージョン: 2.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/4/28

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:zarafa, cpe:/o:fedoraproject:fedora:21

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2015/4/9

脆弱性公開日: 2015/2/19

参照情報

CVE: CVE-2014-9465

FEDORA: 2015-5823