Microsoft Silverlight < 5.1.40416.00 複数の脆弱性(MS15-044/MS15-049)(Mac OS X)

high Nessus プラグイン ID 83353
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートの Mac OS X ホストにインストールされているマルチメディアアプリケーションフレームワークは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている Microsoft Silverlight のバージョンは、以下の複数の脆弱性による影響を受けます:

- Windows DirectWrite ライブラリによる OpenType フォントの不適切な処理が原因の情報漏洩脆弱性が存在することが明らかになりました。リモートの攻撃者が、ユーザーにファイルを開くまたは特別に細工された OpenType フォントを含む Web サイトを訪問させることでこの脆弱性を悪用し、機密情報の漏洩につながる恐れがあります。(MS15-044/ CVE-2015-1670)

- Windows DirectWrite ライブラリによる TrueType フォントファイルの不適切な処理による、リモートコードの実行の脆弱性が存在します。リモートの攻撃者が、ユーザーに特別に細工されたドキュメントを開かせる、または特別に細工された TrueType フォントファイルを含むWeb サイトを訪問させることでこの脆弱性を悪用し、現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行する恐れがあります。(MS15-044/ CVE-2015-1671)

- Microsoft Silverlight に欠陥が存在するため、リモートの攻撃者は、特別に細工された Silverlight アプリケーションを通じて、現在ログオンしているユーザーと同じレベルまたはそれより高いレベルの権限で、任意のコードを実行できます。(MS15-049/ CVE-2015-1715)

ソリューション

Microsoft は、Silverlight 5 用の一連のパッチをリリースしています。

関連情報

http://technet.microsoft.com/en-us/security/bulletin/ms15-049

http://technet.microsoft.com/en-us/security/bulletin/ms15-044

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 83353

ファイル名: macosx_ms15-049.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2015/5/12

更新日: 2018/7/14

依存関係: macosx_silverlight_installed.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:silverlight

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/MacOSX/Version, MacOSX/Silverlight/Installed

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/5/12

脆弱性公開日: 2015/5/12

参照情報

CVE: CVE-2015-1670, CVE-2015-1671, CVE-2015-1715

BID: 74485, 74490, 74503

MSFT: MS15-049, MS15-044

MSKB: 3056819