Cisco Unified Communications Manager の SQL 注入(CSCut33447/CSCut33608)

medium Nessus プラグイン ID 83466

概要

リモートホストは、複数の SQL 注入脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告バージョンによると、ユーザーによる入力の不適切な検証により、リモートの Cisco Unified Communications Manager(CUCM)デバイスは、複数の SQL 注入脆弱性の影響を受けます。認証されたリモートの攻撃者がこれらの問題を悪用して、SQL クエリの注入または変更を行い、これにより、機密データの操作や漏洩が発生する可能性があります。

ソリューション

修正バージョンを入手するには、Cisco サポートまでお問い合わせください。

関連情報

https://tools.cisco.com/security/center/viewAlert.x?alertId=38674

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 83466

ファイル名: cisco_cucm_cve_2015_0715.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: combined

ファミリー: CISCO

公開日: 2015/5/14

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:cisco:unified_communications_manager

必要な KB アイテム: Host/Cisco/CUCM/Version, Host/Cisco/CUCM/Version_Display

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/5/8

脆弱性公開日: 2015/5/8

参照情報

CVE: CVE-2015-0715

BID: 74473

CISCO-BUG-ID: CSCut33447, CSCut33608