Adobe/Apache Flex ASDoc ツール XSS

medium Nessus プラグイン ID 83475

概要

リモート Web サーバーに、クロスサイトスクリプティング脆弱性の影響を受ける HTML ドキュメントが含まれています。

説明

リモート Web サーバーには、パッチが未適用のバージョンの Adobe/Apache Flex ASDoc ツールで作成された 1 つ以上の HTML ドキュメントが含まれています。これは、ユーザー入力を適切にサニタイズできないことによる、クロスサイトスクリプティング脆弱性の影響を受ける可能性があります。

ソリューション

Adobe Flex の場合は、影響を受けるファイルを更新してください。Apache Flex の場合は、Apache Flex 4.14.1 にアップグレードするか、影響を受けるファイルを更新してください。

関連情報

https://helpx.adobe.com/security/products/flex/apsb15-08.html

https://blogs.apache.org/flex/entry/apache_flex_4_14_1

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 83475

ファイル名: adobe_flex_apsb15-08.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses : XSS

公開日: 2015/5/14

更新日: 2022/4/11

構成: パラノイドモードの有効化, 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:adobe:flex_sdk, cpe:/a:apache:flex

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport

除外される KB アイテム: Settings/disable_cgi_scanning

エクスプロイトの容易さ: No exploit is required

パッチ公開日: 2015/4/14

脆弱性公開日: 2015/4/7

参照情報

CVE: CVE-2015-1773

BID: 73954