3.73.00 より前の Rockwell Automation RSLinx Classic のバッファオーバーフロー

critical Nessus プラグイン ID 83523

概要

リモートホストで起動しているアプリケーションは、任意のコードの実行脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストに、3.73.00 以前の RSLinx Classic のバージョンがインストールされています。このため、ユーザー提供の入力の検証が不適切なことにより起こるオーバーフロー状態のために、任意のコード実行の脆弱性に影響を受けます。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、特別に細工されたカンマ区切り(CSV)ファイルを介して、スタックベースのバッファオーバーフローを引き起こし、サービス拒否状態を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。

ソリューション

Rockwell Automation RSLinx Classic バージョン 3.73.00 またはそれ以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?36d3f709

https://ics-cert.us-cert.gov/advisories/ICSA-15-111-02

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 83523

ファイル名: scada_rslinx_classic_3_73_00.nbin

バージョン: 1.70

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: SCADA

公開日: 2015/5/18

更新日: 2022/8/2

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

Temporal Score: 5.1

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-9204

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:rockwellautomation:rslinx_classic

必要な KB アイテム: installed_sw/Rockwell Automation RSLinx Classic

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/5/7

脆弱性公開日: 2015/4/20

参照情報

CVE: CVE-2014-9204

BID: 74553

ICSA: 15-111-02