SUSE SLED12 / SLES12 セキュリティ更新: glibc (SUSE-SU-2015:0526-1)

high Nessus プラグイン ID 83701

概要

リモート SuSE ホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

glibc が更新され、4 つのセキュリティ問題が修正されました。

これらのセキュリティの問題が修正されました:

- CVE-2014-7817:GNU C ライブラリ(別名 glibc)2.21 の wordexp 関数は、WRDE_NOCMD フラグを強制していませんでした。これにより、コンテキスト依存の攻撃者は、任意のコマンドを実行することができました。これは、「$((`...`))」を含む入力で実証されています(bnc#906371)。

- CVE-2015-1472:glibc swscanf のヒープバッファオーバーフロー(bnc#916222)。

- CVE-2014-9402:getnetbyname 関数のサービス拒否(bnc#910599)。

- CVE-2013-7423:負荷の高い状態で、Getaddrinfo() が DNS クエリをランダムファイル記述子に書き込みます(bnc#915526)。

以下のセキュリティ以外の問題が、修正されました。

- check_pf の無限ループを修正します(bsc#909053)。

- 実行権限に関する警告を復元します。これは、noexec マウントに対して依然として必要です(bsc#915985)。

- フォークされた子プロセスのユーザーコントロールの stdio ロックを操作しません(bsc#864081)

- 非 gcc コンパイラに対して gcc 拡張を使用しません(bsc#905313)

注意:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを SUSE セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

この SUSE セキュリティ更新をインストールするには、YaST online_update を使用してください。
または、お使いの製品用に一覧になったコマンドを実行することも可能です。

SUSE Linux Enterprise ソフトウェア開発キット 12:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SDK-12-2015-129=1

SUSE Linux Enterprise サーバー 12:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-2015-129=1

SUSE Linux Enterprise Desktop 12:

zypper in -t patch SUSE-SLE-DESKTOP-12-2015-129=1

お使いのシステムを最新の状態にするには、「zypper パッチ」を使用してください。

参考資料

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=864081

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=905313

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=906371

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=909053

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=910599

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=915526

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=915985

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=916222

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2013-7423/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2014-7817/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2014-9402/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-1472/

http://www.nessus.org/u?fc89dc81

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 83701

ファイル名: suse_SU-2015-0526-1.nasl

バージョン: 2.17

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/5/20

更新日: 2021/1/6

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 5.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:glibc, p-cpe:/a:novell:suse_linux:glibc-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:glibc-debugsource, p-cpe:/a:novell:suse_linux:glibc-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:glibc-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:glibc-locale, p-cpe:/a:novell:suse_linux:glibc-locale-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:glibc-profile, p-cpe:/a:novell:suse_linux:nscd, p-cpe:/a:novell:suse_linux:nscd-debuginfo, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/3/6

脆弱性公開日: 2014/11/24

参照情報

CVE: CVE-2013-7423, CVE-2014-7817, CVE-2014-9402, CVE-2015-1472

BID: 71216, 71670, 72428, 72498, 72844