openSUSE セキュリティ更新:MozillaFirefox(openSUSE-2015-375)

critical Nessus プラグイン ID 83801
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

Mozilla Firefox Web ブラウザがバージョン 38.0.1 に更新され、いくつかのセキュリティの問題と非セキュリティ問題が修正されました。この更新には、Mozilla Network Security Services(NSS)のバージョン 3.18.1 への更新も含まれています。

以下の脆弱性と問題が修正されました。

Mozilla Firefox の変更点:

- Firefox 38.0.1 への更新(安定性と回帰の修正)

- 第 1 世代の NVidia Optimus グラフィックカードを備えたシステムが起動時にクラッシュする可能性があります

- Google Chrome からクッキーをインポートしたユーザーが、破損した Web サイトで終了する可能性があります

- 大きなアニメーション画像が再生に失敗し、他の画像のロードを止める可能性があります

- Firefox 38.0 への更新(bnc#930622)

- 新しいタブベースの設定

- Ruby 注釈サポート

- 詳細:
https://www.mozilla.org/en-US/firefox/38.0/releasenotes/ セキュリティ修正:

- MFSA 2015-46/CVE-2015-2708/CVE-2015-2709 さまざまなメモリ安全性の問題

- MFSA 2015-47/VE-2015-0797(bmo#1080995)H.264 動画をLinux Gstreamer によって解析する際のバッファオーバーフロー

- MFSA 2015-48/CVE-2015-2710(bmo#1149542)SVG コンテンツおよび CSS のバッファオーバーフロー

- MFSA 2015-49/CVE-2015-2711(bmo#1113431)ミドルクリックとコンテキストメニューでリンクが開かれた場合にリファラーポリシーを無視

- MFSA 2015-50/CVE-2015-2712(bmo#1152280)asm.js 検証の領域外の読み取りと書き込み

- MFSA 2015-51/CVE-2015-2713(bmo#1153478)有効な垂直テキストのテキスト処理中における use-after-free

- MFSA 2015-53/CVE-2015-2715(bmo#988698)シャットダウン中の Media Decoder Thread 作成による use-after-free

- MFSA 2015-54/CVE-2015-2716(bmo#1140537)圧縮された XML を解析する際のバッファオーバーフロー

- MFSA 2015-55/CVE-2015-2717(bmo#1154683)MP4 動画メタデータの解析中のバッファオーバーフローと領域外読み取り

- MFSA 2015-56/CVE-2015-2718(bmo#1146724)信頼できるページをホスティングしている信頼できないサイトが Web チャネルの応答を傍受可能

- MFSA 2015-57/CVE-2011-3079(bmo#1087565)IPC チャネルメッセージからの権限昇格

Mozilla NSS の変更点:

- 3.18.1 への更新

- Firefox ターゲットリリース 38

- このリリースでは新しい機能は導入されていません。
注目に値する変更:

- 次の CA 証明書は、影響を受けるサイトに対してより優れた移行戦略を立てる時間を確保するために、Web サイトとコード署名のトラストビットを初期状態に戻しました。

- OU = Equifax Secure Certificate Authority

- 次の CA 証明書が削除されました:

- CN = e-Guven Kok Elektronik Sertifika Hizmet Saglayicisi

- 次の中間 CA 証明書は、所有者が所有または制御しないドメイン名に対して証明書を発行するために悪用されたため、「アクティブに信頼されない」として追加されました。

- CN=MCSHOLDING TEST、O=MCSHOLDING、C=EG

- 更新済み root CA リストのバージョン番号は、2.4 に設定されました

- 3.18 への更新

- Firefox ターゲットリリース 38 新機能:

- PKCS#12 ソースから証明書と鍵をインポートする場合、NSS データベースにインポートする前に、新しい API SEC_PKCS12DecoderRenameCertNicknames を使用して、ニックネームをオーバーライドすることが可能になりました。

- tstclnt テストユーティリティプログラムに、新しいコマンドラインオプションが加わりました

-C、-D、-b および -R。-C を、1、2、または 3 回使用してサーバーから受信した証明書に関する情報、およびローカルで見つかった、信頼できる発行元の証明書に関する情報を印刷して、サーバー側の構成問題を診断してください。tstclnt を実行することが可能です

ソリューション

影響を受けた MozillaFirefox パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=930622

https://www.mozilla.org/en-US/firefox/38.0/releasenotes/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 83801

ファイル名: openSUSE-2015-375.nasl

バージョン: 2.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/5/26

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-branding-upstream, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-buildsymbols, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-translations-common, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-translations-other, p-cpe:/a:novell:opensuse:libfreebl3, p-cpe:/a:novell:opensuse:libfreebl3-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libfreebl3-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libfreebl3-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libsoftokn3, p-cpe:/a:novell:opensuse:libsoftokn3-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libsoftokn3-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libsoftokn3-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-certs, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-certs-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-certs-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-certs-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-sysinit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-sysinit-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-sysinit-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-sysinit-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-tools, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-tools-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:13.1, cpe:/o:novell:opensuse:13.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2015/5/15

参照情報

CVE: CVE-2011-3079, CVE-2015-2708, CVE-2015-2709, CVE-2015-2710, CVE-2015-2711, CVE-2015-2712, CVE-2015-2713, CVE-2015-2715, CVE-2015-2716, CVE-2015-2717, CVE-2015-2718