OracleVM 3.3:openssl (OVMSA-2015-0070)

high Nessus プラグイン ID 84203

概要

リモートの OracleVM ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの OracleVM システムに、重要なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません。

- (CVE-2015-1791)の改良された修正

- 悪用可能ではないが、正しさのために、CVE-2015-0209 修正の欠落している部分を追加

- 修正 CVE-2014-8176 - DTLS バッファリングコードの無効な free

- 修正 CVE-2015-1789 - X509_cmp_time の領域外読み取り

- 修正 CVE-2015-1790 - 欠如している EncryptedContent による PKCS7 クラッシュ

- 修正 CVE-2015-1791 - NewSessionTicket 処理の競合状態

- 修正 CVE-2015-1792 - CMS が未知のハッシュ関数で無限ループを検証

- 修正 CVE-2015-3216 - マルチスレッドアプリケーションの読み取りでセグメンテーション違反を引き起こす可能性がある、RAND ロックでの回帰

ソリューション

影響を受ける openssl パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/oraclevm-errata/2015-June/000318.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 84203

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2015-0070.nasl

バージョン: 2.15

タイプ: local

公開日: 2015/6/16

更新日: 2021/1/4

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:openssl, cpe:/o:oracle:vm_server:3.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/6/15

脆弱性公開日: 2015/3/19

参照情報

CVE: CVE-2014-8176, CVE-2015-0209, CVE-2015-1789, CVE-2015-1790, CVE-2015-1791, CVE-2015-1792, CVE-2015-3216

BID: 73196, 73239, 75154, 75156, 75157, 75159, 75161, 75219