Oracle Linux 5/6:Unbreakable Enterpriseカーネル(ELSA-2015-3046)

medium Nessus プラグイン ID 84389
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 5 / 6ホストに、ELSA-2015-3046のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-64ビットプラットフォームの3.19.1より前のLinuxカーネルのスタックランダム化機能は、ビット単位の左シフト演算の結果に対して誤ったデータタイプを使用します。そのため、攻撃者が、スタックの上位のアドレスを予測することで、ASLR保護メカニズムをバイパスすることがいっそう容易になります。これは、fs/binfmt_elf.cのrandomize_stack_top関数およびarch/x86/mm/mmap.cのstack_maxrandom_size関数と関連しています。(CVE-2015-1593 )

-Linuxカーネル3.19.2 より前のarch/x86/kernel/entry_64.Sは、TS_COMPAT フラグが user-mode タスクに到達するのを禁止していません。これにより、ローカルのユーザーは、(1)forkまたは(2)closeのシステムコールを使用する細工されたアプリケーションを通して、seccompまたは監査保護メカニズムをバイパスする可能性があります。このことは、3.16より前のseccompに対する攻撃によって示されています。(CVE-2015-2830)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2015-3046.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 84389

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2015-3046.nasl

バージョン: 2.13

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/6/25

更新日: 2021/9/8

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2015-1593

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 4.4

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: CVSS2#E:ND/RL:OF/RC:ND

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:oracle:linux:5:*:*:*:*:*:*:*, cpe:2.3:o:oracle:linux:6:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-debug:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-devel:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-doc:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-firmware:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/OracleLinux

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/6/24

脆弱性公開日: 2015/2/13

参照情報

CVE: CVE-2015-2830, CVE-2015-1593

BID: 73699, 72607