Debian DLA-266-1:libxml2 のセキュリティ更新

medium Nessus プラグイン ID 84508

概要

リモートの Debian ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

Debian squeeze-lts に対するこの更新は、libxml2 パッケージにある 3 件の問題を修正します。

(1) CVE-2015-1819/#782782

Red Hat の Florian Weimer 氏は、libxml2 に対する問題を報告しました。この問題では、libxml2 を使用するパーサーが細工された XML ドキュメントで反応しなくなり、数ギガバイトのデータを割り当てます。これは、API の誤用と libxml2 のバグ間の微妙な差の問題です。この問題は libxml2 upstream で対処されており、パッチが squeeze-lts の libxml2 に対してバックポートされています。

(2)#782985

Jun Kokatsu 氏は、libxml2 の領域外メモリアクセスを報告しました。閉じられていない html コメントを入力すると、libxml2 パーサーが、バッファの末尾で解析を停止しませんでした。これにより、呼び出したアプリケーションに返される解析済みのコメントにランダムメモリが含まれるようになりました。

Shopify アプリケーション(この問題の最初の発見元)では、これによって、以前の http リクエストからの ruby オブジェクトが、レンダリングされたページで開示されました。

(3)#783010

Michal Zalewski 氏は、libxml2 における別の領域外読み込みの問題を報告しました。これはクラッシュを引き起こしませんが、ASAN および Valgrind 下で検出される可能性があります。

注:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを DLA セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージをアップグレードしてください。

関連情報

https://lists.debian.org/debian-lts-announce/2015/07/msg00004.html

https://packages.debian.org/source/squeeze-lts/libxml2

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 84508

ファイル名: debian_DLA-266.nasl

バージョン: 2.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/7/6

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:libxml2, p-cpe:/a:debian:debian_linux:libxml2-dbg, p-cpe:/a:debian:debian_linux:libxml2-dev, p-cpe:/a:debian:debian_linux:libxml2-doc, p-cpe:/a:debian:debian_linux:libxml2-utils, p-cpe:/a:debian:debian_linux:python-libxml2, p-cpe:/a:debian:debian_linux:python-libxml2-dbg, cpe:/o:debian:debian_linux:6.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/7/3

参照情報

CVE: CVE-2015-1819

BID: 75570