FreeBSD:haproxy -- 情報漏洩の脆弱性(cbfa8bd7-24b6-11e5-86ff-14dae9d210b8)

medium Nessus プラグイン ID 84601

概要

リモート FreeBSD ホストには、セキュリティ関連の更新がありません。

説明

HAProxy の報告:

HTTP パイプラインを使用する際の脆弱性が見つかりました。場合によって、クライアントがバッファ配置の問題を引き起こし、過去のリクエストまたはセッションからのデータを表示する、初期化されていないメモリコンテンツを取得できる可能性があります。このバグの原因の発見を可能にした非常に詳細なトレースを提供してくれた、aTech Media の Charlie Smurthwaite 氏に心から祝意を表明いたします。1.5-dev、1.5.x、または 1.6-dev の全ユーザーは、1.5.14 または 最新の 1.6-dev スナップショットにアップグレードしてこの問題を修正するか、またはオペレーティングシステムのベンダーが提供する修正のバックポートを利用する必要があります。CVE-2015-3281 がこのバグに割り当てられています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.haproxy.org/news.html

http://www.nessus.org/u?0ce8527e

https://seclists.org/oss-sec/2015/q3/61

http://www.nessus.org/u?2a4abf77

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 84601

ファイル名: freebsd_pkg_cbfa8bd724b611e586ff14dae9d210b8.nasl

バージョン: 2.6

タイプ: local

公開日: 2015/7/8

更新日: 2021/1/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:haproxy, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

パッチ公開日: 2015/7/7

脆弱性公開日: 2015/7/2

参照情報

CVE: CVE-2015-3281