FreeBSD:xen-kernel -- iret ハイパーコールハンドラーの脆弱性(8c31b288-27ec-11e5-a4a5-002590263bf5)

medium Nessus プラグイン ID 84709
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート FreeBSD ホストには、セキュリティ関連の更新がありません。

説明

Xen プロジェクトによる報告:

Xen の compat_iret() 関数が 32 ビットインデックスの周囲で誤った方法で反復するループのバグ。任意の 32 ビット PV ゲストカーネルが、EFLAGS.VM を設定して hypercall_iret を試みることで、この脆弱性を発生させることができます。

__get/put_user() を使用し、問題の仮想アドレスが下部カノニカルに含まれている場合は、ゲストはハイパーバイザーデータを破壊できません。その代わりに、Xen が最大 2^33 ページの障害を取り上げ、結果的にホストを順にハングアップさせます。

悪意のあるゲスト管理者は、システム全体に影響するサービス拒否を引き起こす可能性があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://xenbits.xen.org/xsa/advisory-136.html

http://www.nessus.org/u?8911262e

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 84709

ファイル名: freebsd_pkg_8c31b28827ec11e5a4a5002590263bf5.nasl

バージョン: 2.4

タイプ: local

公開日: 2015/7/14

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.9

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:xen-kernel, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

パッチ公開日: 2015/7/11

脆弱性公開日: 2015/6/11

参照情報

CVE: CVE-2015-4164