MS15-058:SQL Server のリモートコードの実行可能な脆弱性(3065718)(uncredentialed check)

high Nessus プラグイン ID 84737
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート SQL Server インストールは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモート Microsoft SQL Server インストールは、複数の脆弱性の影響を受けます:

- 正しくないクラスに対するポインターのキャストにより、権限昇格の脆弱性が存在します。認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用して、特別に細工された SQL クエリを通じて、昇格権限を取得することが可能です。(CVE-2015-1761)

- 初期化されていないメモリに対する内部関数呼び出しの不適切な処理により、リモートコードの実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこれを悪用して、特殊な権限設定(VIEW SERVER STATE など)を有効にしている、影響を受ける SQL サーバーの特別に細工された SQL クエリを通じて、任意のコードを実行することが可能です。
(CVE-2015-1762)

- 初期化されていないメモリに対する内部関数呼び出しの不適切な処理により、リモートコードの実行の脆弱性が存在します。認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用して、間違ったアドレスから仮想関数を実行することを目的とする、特別に細工された SQL クエリを通じて、任意のコードを実行することが可能です。(CVE-2015-1762)

ソリューション

Microsoft は、SQL Server 2008、2008 R2、2012、2014 用の一連のパッチをリリースしています。

関連情報

https://docs.microsoft.com/en-us/security-updates/SecurityBulletins/2015/ms15-058

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 84737

ファイル名: smb_kb3065718.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: remote

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2015/7/14

更新日: 2019/11/22

依存関係: mssqlserver_detect.nasl

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2015-1763

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 8.5

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:H/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:sql_server

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/7/14

脆弱性公開日: 2015/7/14

参照情報

CVE: CVE-2015-1761, CVE-2015-1762, CVE-2015-1763

MSFT: MS15-058

MSKB: 3065718