MySQL 5.5.x < 5.5.44 / 5.6.x < 5.6.25 の複数の脆弱性(2015 年 7 月 CPU)

medium Nessus プラグイン ID 84767
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのデータベースサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで起動している MySQL のバージョンは、5.5.44 より前の 5.5.x、または 5.6.25 より前の 5.6.x です。このため、以下の脆弱性の影響を受ける可能性があります。

- 以下のServerサブコンポーネントに、認証されたリモートの攻撃者が悪用できる、複数のサービス拒否の脆弱性が存在します:
- パーティション(CVE-2015-2617)
- DML(CVE-2015-2648、CVE-2015-2611)
- GIS(CVE-2015-2582)
- I_S(CVE-2015-4752)
- InnoDB (CVE-2015-4756)
- Optimizer(CVE-2015-2643、CVE-2015-4757)
- パーティション(CVE-2015-4772)
- Memcached(CVE-2015-4761)
- RBR(CVE-2015-4771)
- セキュリティ:ファイアウォール(CVE-2015-4769、CVE-2015-4767)
- セキュリティ:権限(CVE-2015-2641)

- 以下のServerサブコンポーネントに、複数の情報漏洩の脆弱性が存在します。認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用して、機密情報へのアクセス権を取得する可能性があります:
- プラガブル認証(CVE-2015-4737)
- セキュリティ:権限(CVE-2015-2620)

- 詳細不明な脆弱性がServerのSecurity: Firewallサブコンポーネントに関連して存在し、認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用して、システムの完全性に影響を与える可能性があります。(CVE-2015-2639)

- Client サブコンポーネントに、ローカルの攻撃者によって悪用される可能性があるサービス拒否の脆弱性が存在します。
他の詳細は公開されていません。(CVE-2015-2661)

ソリューション

July 2015 Oracle Critical Patch Update アドバイザリに従って、適切なパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?d18c2a85

https://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.5/en/

https://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.6/en/

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 84767

ファイル名: mysql_5_6_25.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: remote

ファミリー: Databases

公開日: 2015/7/15

更新日: 2019/3/27

依存関係: mysql_version.nasl, mysql_login.nasl

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2015-2617

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.3

Temporal Score: 5.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:L

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:mysql

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/7/14

脆弱性公開日: 2015/7/14

参照情報

CVE: CVE-2015-2582, CVE-2015-2611, CVE-2015-2617, CVE-2015-2620, CVE-2015-2639, CVE-2015-2641, CVE-2015-2643, CVE-2015-2648, CVE-2015-2661, CVE-2015-4737, CVE-2015-4752, CVE-2015-4756, CVE-2015-4757, CVE-2015-4761, CVE-2015-4767, CVE-2015-4769, CVE-2015-4771, CVE-2015-4772

BID: 75751, 75753, 75759, 75760, 75762, 75770, 75774, 75781, 75785, 75802, 75813, 75815, 75822, 75830, 75835, 75837, 75844, 75849