Oracle Java SE の複数の脆弱性(2015 年 7 月 CPU)(UNIX)(Bar Mitzvah 氏)

critical Nessus プラグイン ID 84825

概要

リモート Unix ホストに、複数の脆弱性の影響を受けるプログラミングプラットフォームがあります。

説明

リモートホストにインストールされている Oracle(旧 Sun)、 Java SE または Java for Business のバージョンは、8 Update 51、 7 Update 85、または 6 Update 101 より前です。したがって、次のコンポーネントでセキュリティの脆弱性による影響を受けます:

- 2D
- CORBA
- 展開
- ホットスポット
- インストール
- JCE
- JMX
- JNDI
- JSSE
- ライブラリ
- RMI
- セキュリティ

ソリューション

Oracle JDK / JRE 8 Update 51、7 Update 85、6 Update 101 またはそれ以降にアップグレードしてください。必要に応じて、影響を受けるバージョンを削除してください。

注意:JDK / JRE 6 Update 95 以降を入手するには、 Oracle の延長サポート契約が必要です。

関連情報

http://www.nessus.org/u?c3cf9c18

http://www.nessus.org/u?822f496a

http://www.nessus.org/u?8497a5aa

http://www.nessus.org/u?726f7054

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 84825

ファイル名: oracle_java_cpu_jul_2015_unix.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: local

エージェント: unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2015/7/17

更新日: 2022/4/11

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2015-4760

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:jre, cpe:/a:oracle:jdk

必要な KB アイテム: Host/Java/JRE/Installed

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/7/14

脆弱性公開日: 2015/7/14

CISAの既知の悪用日: 2022/3/24

参照情報

CVE: CVE-2015-2590, CVE-2015-2596, CVE-2015-2601, CVE-2015-2613, CVE-2015-2619, CVE-2015-2621, CVE-2015-2625, CVE-2015-2627, CVE-2015-2628, CVE-2015-2632, CVE-2015-2637, CVE-2015-2638, CVE-2015-2659, CVE-2015-2664, CVE-2015-2808, CVE-2015-4000, CVE-2015-4729, CVE-2015-4731, CVE-2015-4732, CVE-2015-4733, CVE-2015-4736, CVE-2015-4748, CVE-2015-4749, CVE-2015-4760

BID: 73684, 74733, 75784, 75796, 75812, 75818, 75823, 75832, 75833, 75850, 75854, 75857, 75861, 75867, 75871, 75874, 75877, 75881, 75883, 75887, 75890, 75892, 75893, 75895