openSUSE セキュリティ更新:java-1_8_0-openjdk(openSUSE-2015-512)(Bar Mitzvah 氏)(Logjam)

low Nessus プラグイン ID 85002

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

OpenJDK が 2.6.1 - OpenJDK 8u51 に更新され、セキュリティの問題とバグが修正されました。

次の脆弱性が修正されました:

- CVE-2015-2590:ライブラリコンポーネントの容易に悪用できる脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性の攻撃が成功すると、任意のコードの実行を含め、承認されていないオペレーティングシステムのテイクオーバーを引き起こす可能性があります。

- CVE-2015-2597:インストールコンポーネントの容易に悪用できる脆弱性はオペレーティングシステムにログオンする必要があります。
この脆弱性の攻撃が成功すると、任意のコードの実行を含め、承認されていないオペレーティングシステムのテイクオーバーを引き起こす可能性があります。

- CVE-2015-2601:JCE コンポーネントの容易に悪用できる脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、 Java がアクセスできるデータのサブセットに対する、権限なしでの読み取りアクセスが可能になります。

- CVE-2015-2613:JCE コンポーネントの容易に悪用できる脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、 Java SE、Java SE Embeddeda がアクセスできるデータのサブセットに対する、権限なしでの読み取りアクセスが可能になります。

- CVE-2015-2619:2D コンポーネントの容易に悪用できる脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、 Java がアクセスできるデータのサブセットに対する、権限なしでの読み取りアクセスが可能になります。

- CVE-2015-2621:JMX コンポーネントの容易に悪用できる脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、 Java がアクセスできるデータのサブセットに対する、権限なしでの読み取りアクセスが可能になります。

- CVE-2015-2625:JSSE コンポーネントの悪用に非常に困難な脆弱性は、 SSL/TLS で認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、 Java がアクセスできるデータのサブセットに対する、権限なしでの読み取りアクセスが可能になります。

- CVE-2015-2627:インストールコンポーネントの悪用に非常に困難な脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、 Java がアクセスできるデータのサブセットに対する、権限なしでの読み取りアクセスが可能になります。

- CVE-2015-2628:CORBA コンポーネントの容易に悪用できる脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性の攻撃が成功すると、任意のコードの実行を含め、承認されていないオペレーティングシステムのテイクオーバーを引き起こす可能性があります。

- CVE-2015-2632:2D コンポーネントの容易に悪用できる脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、 Java がアクセスできるデータのサブセットに対する、権限なしでの読み取りアクセスが可能になります。

- CVE-2015-2637:2D コンポーネントの容易に悪用できる脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、 Java がアクセスできるデータのサブセットに対する、権限なしでの読み取りアクセスが可能になります。

- CVE-2015-2638:2D コンポーネントの容易に悪用できる脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性の攻撃が成功すると、任意のコードの実行を含め、承認されていないオペレーティングシステムのテイクオーバーを引き起こす可能性があります。

- CVE-2015-2659:セキュリティコンポーネントの容易に悪用できる脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性の攻撃が成功すると、権限なしで部分的なサービス拒否(部分的な DOS)を引き起こすことができます。

- CVE-2015-2664:展開コンポーネントの悪用に困難な脆弱性はオペレーティングシステムにログオンする必要があります。この脆弱性の攻撃が成功すると、任意のコードの実行を含め、承認されていないオペレーティングシステムのテイクオーバーを引き起こす可能性があります。

- CVE-2015-2808:JSSE コンポーネントの悪用に非常に困難な脆弱性は、 SSL/TLS で認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性による攻撃が成功すると、特権がないアクセスで、 Java がアクセスできるデータへの更新、挿入、削除、ならびに Java がアクセスできるデータのサブセットの読み取りアクセスが可能になります。

- CVE-2015-4000:JSSE コンポーネントの悪用に非常に困難な脆弱性は、 SSL/TLS で認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性による攻撃が成功すると、特権がないアクセスで、 Java がアクセスできるデータへの更新、挿入、削除、ならびに Java Embedded がアクセスできるデータのサブセットの読み取りアクセスが可能になります。

- CVE-2015-4729:展開コンポーネントの悪用に非常に困難な脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。
この脆弱性による攻撃が成功すると、特権がないアクセスで、 Java SE がアクセスできるデータへの更新、挿入、削除、ならびに Java SE がアクセスできるデータのサブセットの読み取りアクセスが可能になります。

- CVE-2015-4731:JMX コンポーネントの容易に悪用できる脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性の攻撃が成功すると、任意のコードの実行を含め、承認されていないオペレーティングシステムのテイクオーバーを引き起こす可能性があります。

- CVE-2015-4732:ライブラリコンポーネントの容易に悪用できる脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性の攻撃が成功すると、任意のコードの実行を含め、承認されていないオペレーティングシステムのテイクオーバーを引き起こす可能性があります。

- CVE-2015-4733:RMI コンポーネントの容易に悪用できる脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能でした。この脆弱性の攻撃が成功すると、任意のコードの実行を含め、承認されていないオペレーティングシステムのテイクオーバーを引き起こす可能性があります。

- CVE-2015-4736:展開コンポーネントの悪用に困難な脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性の攻撃が成功すると、任意のコードの実行を含め、承認されていないオペレーティングシステムのテイクオーバーを引き起こす可能性があります。

- CVE-2015-4748:セキュリティコンポーネントの悪用に非常に困難な脆弱性は、 OCSP で認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性の攻撃が成功すると、任意のコードの実行を含め、承認されていないオペレーティングシステムのテイクオーバーを引き起こす可能性があります。

- CVE-2015-4749:JNDI コンポーネントの悪用に困難な脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性の攻撃が成功すると、権限なしで部分的なサービス拒否(部分的な DOS)を引き起こすことができます。

- CVE-2015-4760:2D コンポーネントの容易に悪用できる脆弱性は、複数のプロトコルで認証されていないネットワーク攻撃を成功させることが可能です。この脆弱性の攻撃が成功すると、任意のコードの実行を含め、承認されていないオペレーティングシステムのテイクオーバーを引き起こす可能性があります。

ソリューション

影響を受ける java-1_8_0-openjdk パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=937828

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=938248

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 85002

ファイル名: openSUSE-2015-512.nasl

バージョン: 2.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/7/27

更新日: 2022/3/8

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: Low

Base Score: 3.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:N

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-accessibility, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-demo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-demo-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-headless, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-headless-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-javadoc, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-src, cpe:/o:novell:opensuse:13.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/7/22

脆弱性公開日: 2015/3/31

CISAの既知の悪用日: 2022/3/24

参照情報

CVE: CVE-2015-2590, CVE-2015-2597, CVE-2015-2601, CVE-2015-2613, CVE-2015-2619, CVE-2015-2621, CVE-2015-2625, CVE-2015-2627, CVE-2015-2628, CVE-2015-2632, CVE-2015-2637, CVE-2015-2638, CVE-2015-2659, CVE-2015-2664, CVE-2015-2808, CVE-2015-4000, CVE-2015-4729, CVE-2015-4731, CVE-2015-4732, CVE-2015-4733, CVE-2015-4736, CVE-2015-4748, CVE-2015-4749, CVE-2015-4760