CentOS 7:qemu-kvm(CESA-2015:1507)

high Nessus プラグイン ID 85030

概要

リモート CentOS ホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

2 つのセキュリティ問題および 1 つのバグを修正する更新済みの qemu-kvm パッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 7 で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高として評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

KVM(カーネルベース仮想マシン)は、AMD64 および Intel 64 システムの、Linux 向けの完全な仮想化ソリューションです。qemu-kvm パッケージは、 KVM を使用している仮想マシンを実行する場合に、ユーザー空間コンポーネントを実現します。

QEMU の IDE サブシステムが、特定の ATAPI コマンドの処理中に特定の I/O バッファアクセスを処理する方法でヒープバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。CDROM ドライブが有効であるゲストのうちの特権ゲストユーザーが、この欠陥を悪用して、ホスト上でゲストに対応するホストの QEMU プロセスの権限を用いて任意のコードを実行する可能性があります。
(CVE-2015-5154)

メモリ破損や情報漏洩につながる可能性がある、領域外メモリアクセスの欠陥が、QEMU の pit_ioport_read() 関数で見つかりました。QEMU PIT エミュレーションが有効であるゲストのうちの特権ゲストユーザーが、稀なケースで、この欠陥を悪用し、ホスティング QEMU プロセスの権限を用いて任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2015-3214)

Red Hat は、CVE-2015-3214 の問題を報告してくれた、Google Project Zero セキュリティチームの Matt Tait 氏に感謝の意を表します。CVE-2015-5154 の問題は、 Red Hat の Kevin Wolf が見つけました。

この更新では以下のバグも修正されます。

* ポータブルメモリバリアの実装が正しくないため、 QEMU エミュレーターは、仮想ディスクの I/O 負荷が大きい場合、時に予期せず停止することがあります。この更新は、QEMU のスレッド間で正しい同期を実現するために、実装を修正します。結果として、前述のクラッシュが発生することはありません。(BZ#1233643)

qemu-kvm のすべてのユーザーには、更新されたこれらのパッケージにアップグレードすることが推奨されます。これらのパッケージには、これらの問題を修正するバックポートされたパッチが収納されています。この更新をインストールした後、実行中の仮想マシンをすべてシャットダウンします。すべての仮想マシンをシャットダウンしたら、この更新を有効にするために、再起動します。

ソリューション

影響を受ける qemu-kvm パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?5b621c85

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 85030

ファイル名: centos_RHSA-2015-1507.nasl

バージョン: 2.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/7/28

更新日: 2021/1/4

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2015-5154

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:centos:centos:libcacard, p-cpe:/a:centos:centos:libcacard-devel, p-cpe:/a:centos:centos:libcacard-tools, p-cpe:/a:centos:centos:qemu-img, p-cpe:/a:centos:centos:qemu-kvm, p-cpe:/a:centos:centos:qemu-kvm-common, p-cpe:/a:centos:centos:qemu-kvm-tools, cpe:/o:centos:centos:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/7/27

脆弱性公開日: 2015/8/12

参照情報

CVE: CVE-2015-3214, CVE-2015-5154

RHSA: 2015:1507