Oracle Linux 6:カーネル(ELSA-2015-1272)

high Nessus プラグイン ID 85097
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のカーネル関連パッケージのセキュリティ更新がありません。

ソリューション

影響を受けるカーネルパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2015-1272.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 85097

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2015-1272.nasl

バージョン: 2.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/7/30

更新日: 2021/9/8

依存関係: linux_alt_patch_detect.nasl, ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2015-3339

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:6, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-firmware, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python-perf

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/7/28

脆弱性公開日: 2014/6/2

参照情報

CVE: CVE-2011-5321, CVE-2012-6657, CVE-2014-3184, CVE-2014-3185, CVE-2014-3215, CVE-2014-3610, CVE-2014-3611, CVE-2014-3645, CVE-2014-3646, CVE-2014-3673, CVE-2014-3687, CVE-2014-3688, CVE-2014-3690, CVE-2014-3940, CVE-2014-4652, CVE-2014-4656, CVE-2014-5471, CVE-2014-5472, CVE-2014-6410, CVE-2014-7822, CVE-2014-7825, CVE-2014-7826, CVE-2014-7841, CVE-2014-8133, CVE-2014-8159, CVE-2014-8369, CVE-2014-8709, CVE-2014-8884, CVE-2014-9322, CVE-2014-9419, CVE-2014-9420, CVE-2014-9529, CVE-2014-9584, CVE-2014-9585, CVE-2014-9683, CVE-2015-0239, CVE-2015-1593, CVE-2015-1805, CVE-2015-2830, CVE-2015-2922, CVE-2015-3331, CVE-2015-3339, CVE-2015-3636