Oracle Linux 6/7:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2015-3053)

medium Nessus プラグイン ID 85118
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

変更内容の説明:

kernel-uek [3.8.13-68.3.5.el7uek]
- KVM:x86: SYSENTER エミュレーションの破損(Nadav Amit 氏)[Orabug:21502739] {CVE-2015-0239} {CVE-2015-0239}
- fs:set[ug]id 実行ファイルに対する prepare_binprm の間に i_mutex を利用(Jann Horn 氏)[Orabug:21502254] {CVE-2015-3339}
- eCryptfs:ファイル名デコードルーチン内のバグのある不必要な書き込みを削除(Michael Halcrow 氏)[Orabug:21502065] {CVE-2014-9683}

ソリューション

影響を受ける Unbreakable Enterprise Kernel パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2015-July/005244.html

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2015-July/005245.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 85118

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2015-3053.nasl

バージョン: 2.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/7/30

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.2

ベクトル: AV:L/AC:H/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:dtrace-modules-3.8.13-68.3.5.el6uek, p-cpe:/a:oracle:linux:dtrace-modules-3.8.13-68.3.5.el7uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:linux:6, cpe:/o:oracle:linux:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2015/7/29

脆弱性公開日: 2015/3/2

参照情報

CVE: CVE-2014-9683, CVE-2015-0239, CVE-2015-3339