OracleVM 3.3:gnutls(OVMSA-2015-0101)

high Nessus プラグイン ID 85142

概要

リモートの OracleVM ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの OracleVM システムに、重要なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません。

- CVE-2015-0282 を修正します(#1198159)

- CVE-2015-0294 を修正します(#1198159)

- mpi 印刷における値の初期化を修正しました(#1129241)

- CA 証明書の有効期限情報をチェック(#1159778)

- 証明書と鍵における整数パディングの問題を修正(#1036385)

- セッション ID 長のチェックを修正(#1102025)

- CVE-2014-0092 を修正します(#1069891)

- CVE-2013-2116 を修正- (CVE-2013-1619)upstream パッチの DoS 回帰を修正(#966754)

- CVE-2013-1619 を修正 - TLS-CBC タイミング攻撃を修正(#908238)

ソリューション

影響を受ける gnutls パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/oraclevm-errata/2015-July/000350.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 85142

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2015-0101.nasl

バージョン: 2.7

タイプ: local

公開日: 2015/7/31

更新日: 2021/1/4

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:gnutls, cpe:/o:oracle:vm_server:3.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/7/30

脆弱性公開日: 2013/2/8

参照情報

CVE: CVE-2013-1619, CVE-2013-2116, CVE-2014-0092, CVE-2015-0282, CVE-2015-0294

BID: 57736, 60215, 65919, 73119, 73162